「絶体絶命の会社員」を救った"非常識な考え方"

漫画で身につくラテラルシンキングの活用方法

まじめに仕事をやっているのに成果が出ない。一方で、最小限の力でうまくやっている人がいる――。そうした人々はいったい何が違うのでしょうか。

『まんがで身につく ずるい考え方』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

その答えは「ずるい考え方」を知っているかどうかかもしれません。「ずるい考え方」とは「ラテラルシンキング」(水平思考)のことで、一休さんのとんち話などで知られています。

2011年に刊行された『ずるい考え方――ゼロから始めるラテラルシンキング入門』をコミック化し、日々の生活や仕事での活用方法を解説した『まんがで身につく ずるい考え方』(あさ出版)より一部抜粋してご紹介します。

ラテラルシンキングでワクワク感をつくりだせ!

次ページロジカルシンキングじゃ変えられない?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT