65歳定年後も輝く人とダメになる人の致命的差

昔の肩書きは忘れ「生きがい」で社会との接点を

彼らは部長や課長だった時代の栄光が忘れられません。自分の小さなプライドを守るため、「昔は〜」と過去の自慢話を繰り返します。周囲の人間にとっては、迷惑以外のなにものでもありません。結果、ウザいダメ親父というレッテルを貼られ、さらなるネガティブスパイラルに陥ります。

働かないおじさんは居場所がなくなり、「孤独感」が増してきます。

この状態が続けば、孤独感はどんどん募ります。偉ぶったり不機嫌な態度で閉じこもっていても、道は開けません。

ここは意識を変える必要があります。自分の「ちっぽけなプライド」を引きずらないことが重要です。プライドは「過去の肩書き」と言い換えてもいいでしょう。

話の輪に溶け込める能力のほうが重要

○○部長という肩書きは、会社を辞めたとたん、役職を離れたとたんに消え失せます。そこから先は「○○さん」(名前)で勝負しなければならないのです。

たとえば、定年後に地域活動に参加したとします。過去の肩書きで「えっー、スゴイですね」といわれるのは、最初の一瞬だけです。女性はあまり肩書きにとらわれない傾向がありますから、「だからなに?」とスルーされるかもしれません。

地域のコミュニティでは、華々しい過去の肩書きより、話の輪に溶け込める能力のほうが重要なのです。

『定年の教科書: お金 健康 生きがい』(河出書房新社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

過去の肩書きを捨てることは、なかなか難しいといえます。違うコミュニティとつき合うのもいい方法です。名前だけで呼ばれる日常に慣れ、「話が面白い○○さん」「囲碁が強い○○さん」などといった肩書きで呼ばれるようになれば成功です。

じつは、筆者(長尾)は両親に「名刺」を作ってあげたことがあります。

ウォーキングが趣味の父親には、百歩会(ウォーキンググループの名称)と氏名、そして携帯番号とメールアドレスを入れました。水泳が趣味だった母親には、オモテ面に氏名と連絡先を載せ、ウラ面は水泳をする女性のイラスト入りです。

このようにちょっとした小道具で、コミュニケーションは広がるものです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT