日本人が知らない「アジア系女性差別」酷い実態

ヘイト犯罪デモに集まった人たちに話を聞いた

3月27日にロサンゼルスで開かれたアジア系への差別反対を訴えるデモでは、1000人以上がロサンゼルス市庁舎前を練り歩いた(写真:筆者撮影)

アメリカを中心にアジア系を対象としたヘイトクライム(憎悪犯罪)が後を絶たない。アジア系の中でも、特に被害を受けているとされるのが女性と高齢者で、女性の中には「スタンガンを持ち歩いている」「外出を避けている」という人も出てきている。アジア系女性が今抱えている恐怖や悩みを、アジア系が多く住むロサンゼルスからレポートする。

ロサンゼルスで1000人以上がデモ

3月16日。アメリカに住むすべてのアジア系女性が、恐怖で凍り付く事件が起きた。その日、ジョージア州アトランタのマッサージ店とスパ店で働く従業員たちが、21歳の白人男性に店内で次々に撃たれ、殺害された。殺された計8人のうち、実に6人がアジア系の女性だったのだ。

逮捕された白人男性は、殺害の動機を「自分をセックス依存症にさせた原因を絶つため」と警察に語った。さらに警察官は、記者会見の場で「この日は彼(犯人)にとってbad day(悪い日)だった」と発言した。

「もう我慢の限界だ」ーー。カリフォルニア州ロサンゼルスでは事件から10日後の3月27日に「STOPアジア系ヘイト」を呼びかけるデモが起こり、市庁舎前に1000人以上が集結した。

「娘の身はこの私が守るしかない。だから、護身用にペッパースプレーをネットで注文したばかり」と語るのは中国から移民してきたユナ・リーだ。彼女の娘のケイトは10歳。小学校の授業を自宅で、Zoom経由で受けながら、全米各地で起きるアジア系へのヘイト犯罪事件の内容を、毎日、日記につけていると言う。

デモに参加した中国からの移民の母ユナ・リーと娘のケイト(写真:筆者撮影)

1月に、サンフランシスコで散歩をしていたタイ出身の84歳の男性が、いきなり体当たりされて殺された事件の内容についても、小学5年生のケイトは詳しく知っていた。「自分が襲われたらどうするかって?えーと、まず大声で叫ぶ!」と飛び跳ねながら語るケイト。

そんな娘を見ながら「以前は、家の近くの公園によく娘と散歩に行ったけど、最近は危ないから行くのをやめた。家から極力出ないようにしている」とリーは言う。

次ページ道端で中国語を話すのですら危険な行為
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT