森永「小枝」50年も激戦をくぐり抜けてきた秘訣

独特の商品性を持ったチョコが歩んできた歴史

小枝のパック。袋を縦に破りやすいように1本分ほどの余裕があり、チョコに触れずに食べられる(筆者撮影)

時代に合わせて、マイナーチェンジを繰り返してきた小枝は、現在、SDGs(持続可能な開発目標)との関わりが注目されている。

2020年9月に「小枝」に使うチョコレートを、すべてバリーカレボー社から提供されるサステナブルカカオ原料に切り替えた。これはNPO「ココアホライズン財団」の認証基準を満たしたカカオで、森林伐採やCO2排出量の削減、カカオ農家の繁栄などに貢献できるという。また同年からパッケージの紙部分を国際森林認証制度「FSC」認証紙に切り替え、個包装フィルムの一部に「バイオマスプラスチック・フィルム」を使用している。

「サステナブルなリニューアルは、小枝の原点回帰ともいえる取り組みです」と信田さん。森永は、小枝を筆頭に、2025年までにすべての商品をサステナブルカカオ原料に置き換える目標をたてている。

ゴダイゴやV6のCMも話題だった

人気アイドルやミュージシャンが登場するCMも、注目された。1979年には当時人気絶頂のゴダイゴが出演。1999年には、V6の森田剛さんが「小技(こわざ)」と読み間違う、お茶目なCMが話題となった。「小枝は2016年を最後に、広告費を投入していませんが、とくに小枝<ミルク>の売り上げがここ5年で伸長を続けています。多くのファンに支えられています」(信田さん)

近年チョコスナックが好調で、コロナ禍にも売り上げが伸びているという。「閉塞的な日常にストレスがあって、さくさくとしたパフ入りチョコスナックのような、噛みごたえのあるものが求められているのかなと感じます」。

期間限定フレーバーが話題を呼び、定番をこまめにリニューアル。「みんなが知っている、誰でも食べやすい味わいの「生涯ブランド」として、次の50年に向けた第一歩を、お客様と共に歩んでいきたいという気持ちです」と、信田さんは締めくくる。

発売当初から、自然の大切さを伝えてきた小枝。おいしさとともに、ナチュラルでやさしいイメージは、50年たった今も引き継がれている。次の節目も、日本だけでなく地球の自然環境が守られ、楽しくチョコを食べられる世の中であってほしい。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT