森永「小枝」50年も激戦をくぐり抜けてきた秘訣

独特の商品性を持ったチョコが歩んできた歴史

小枝の優れた特徴を信田さんに尋ねると「まずは、どこにもない味と形と、細さですね。具材を沢山入れて細くするのはむずかしく、他社にはなかなかまねできないと思います」と話す。

いわれてみれば、たしかに細い。そのうえチョコに、アーモンドやパフがぎっしり混ざっている。「具材をたくさん入れて、細く成型したチョコレートを製造するのは技術的にとても難しく、研究員や技術者が試行錯誤の末、自社で小枝専用の装置を開発しました。その製造工程は、トップシークレットです」。信田さんは、小枝を眺めながらほほ笑んだ。

具材にも時代の変遷がある

チョコに入れる具材も、ベストバランスを追求している。発売当初のカシューナッツは、日本人の嗜好に合わせてアーモンドに。2012年からアーモンドに飴がけし、2014年からの2年はコーンフレークを入れた。「食感と味わいのいいとこ取りをしながら、時代の味の嗜好に合わせるのがポイントです」と信田さん。現在は、サクサクとまらないおいしさを最大限に感じられるよう、アーモンドと小麦パフと米パフが配合されている。

かつては「トレー」入りだった
昔の小枝はスライド式の箱だった。いまは4本ずつ個包装されている(写真:森永製菓)

パッケージの変遷にも、ぜひ触れておきたい。実は先日、ある小枝とほぼ同世代の男女が「今はもう、小枝の中はプラスチックのトレーじゃないの?」「昔、中のトレーは2つに分かれていたよね」「いや、1つだった気がする」などと、話すのを耳にしたからである。

確認すると、箱の中は「引き出し型の箱→トレーが1つ→トレーが2つ→2004年からトレーを廃止して個包装」と、変わっている。「核家族化、個食化が進み、1人で好きなときに好きな量を食べられるよう、徐々に時代に合わせて包装の形を変え、現在は食べ切りサイズにしています。今の個包装パックは指を汚さず食べられる設計で、衛生的だと好評です」。確かにきれいに食べきれる。

次ページ原点の自然回帰、小枝とSDGs
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT