朝から脳をフル回転させる究極の「ルーティン」 全米トップ脳トレーナーが実践する毎朝の習慣

印刷
A
A
いい朝を始めるために、まずは2つのカギを意識してみる(写真:rainmaker/PIXTA)
朝はまだ頭が寝ぼけているから、仕事のエンジンが本格的にかかるのはお昼頃から。そんなビジネスパーソンに朗報だ。朝の生活習慣を変えるだけで、一気に脳を活性化させる方法がある。Googleやナイキ、ハーバード大学を法人顧客に持ち、『LIMITLESS 超加速学習──人生を変える学び方の授業』の著者でもある脳トレーナー、ジム・クウィック氏が、脳を目覚めさせるために毎朝の日課としている「ルーチン」を紹介する。

脳を元気にしたければ水分をとる

なぜ朝のルーチンが大事なのだろう? 一連の簡単な行動で脳を目覚めさせ、1日をトップギアで始めることには計り知れないメリットがあると、僕は確信している。

『LIMITLESS 超加速学習──人生を変える「学び方」の授業』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

1日の早い時間に勝利のルーチンを作れたら、世界的指導者のトニー・ロビンズが言う「勢いの科学」の恩恵も受けられる。一度コマが回りだしたら、静止状態から始めるよりはるかに少ない労力で達成し続けられるという考え方だ。

僕自身、脳を活性化して最高の1日を過ごすための朝のルーチンを周到に築いている。毎日全部をやっているわけではない(家を離れているときはとくに)。でも大半はしているし、おかげで頭の働きもパフォーマンスも生産性も積極性も、起きた瞬間から万全に備えられるのを実感している。

たとえば、僕はこんな朝を過ごしている。

起き上がったら、最初にベッドを整える。これは一種の成功習慣で、その日最初の達成だ。難なくやり遂げられるし、寝る前の時間をより快適にできるというおまけのメリットもある。夜、整ったベッドに迎えてもらえるのは気分がいいものだ。軍隊では、朝一番にベッドを整えるよう訓練させられるという。そうやって、なんでも手を抜かずにやることを体に覚え込ませるわけだ。

その後、大きなグラスで水を1杯飲む。起きてすぐの水分補給はとても大事だ。人間の体は眠っているあいだ、呼吸という単純な行為を通じて多くの水分を失う。思い出してほしい、僕らの脳の約75%は水分であることを。だから、脳を元気にしたければたっぷり水分を取るほうがいい。

また、セロリジュースも1杯飲む。免疫系の働きを高め、肝臓から毒素を押し流し、副腎を修復するのに役立つ(これは医学霊能者のアンソニー・ウィリアムのアイデアを拝借した)。そのあと「第二の脳」への栄養として、プロバイオティクスをとる。

次ページ利き手と逆の手で歯を磨く
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT