『沸騰!図書館』に描かれた自治体の闘い

樋渡啓祐・武雄市長に聞く

──「図書館道へのこだわり」にたいへんな違和感をお持ちのようですね。

日本人ってすぐ、こうすべしとか「道(どう)」にしちゃうでしょ。あれは嫌なんです。図書館は本を借りる所という道じゃなく、これからの公共施設は多様なサービスを提供する場にならなきゃいけない。いいじゃないですか、自由で。そもそも「利用者」の定義がおかしい。来てくれる人すべてが利用者で、本は借りなくても、極端な話、館内の音楽をボーッと聴きに来るだけでも、スタバでコーヒー飲むだけでも、デートや打ち合わせで寄るだけでも全然いい。ここで本を眺めてると豊かな気持ちになる、自宅の延長みたいと思ってくれればそれでいい。それぞれの居場所を提供するのが、これからの図書館じゃないかと思います。

口では耳当たりのよいことを言って、負担は他者や次世代に付け回す「リベラルもどき」も嫌い。新しい図書館が生んだ経済効果は20億円とはじいていて、今回のプロジェクトでは負の先送りはありません。企業の進出や新築マンションの建設が増え、週末などには市外・県外からも来てくれる。武雄市図書館が一つのブランドとして認知されつつあるんです。オープンから1年経って街に活気も出てきた。何より武雄の人たちがこの図書館を誇りに思ってくれている。それが大きいです。自称“平凡公務員”だった職員が前面に出て飛び回り、図書館スタッフも能動的に動いてくれ、利用者から意見が出るようになった。地方都市にとっては無関心が最大の悪です。否定的意見でも、それは関心があるから。気持ちが変わると物の見方も変わる。武雄市図書館が街づくりのエンジンになりました。

でもそのエンジンは、本当は人なんですよね。人の変化が地方都市にとっては大きなエネルギーになる。いい意味で監視されているから僕らも背筋が伸びる。とりあえず僕らがやれることはやった。これからは市民が決めていくんです。実際に来て使ってくれている方々の意見を聞いて、ドンドン手を加えていきます。

──“批判・炎上お家芸”市長として次は何の沸騰を画策中ですか?

学校教育では、今夏から小学校で花まる学習会(学習塾)のノウハウを導入していきます。モバゲーのDeNAと組んで小学生向けにプログラミング教育も始める。図書館でCCCと組んだように、学校教育は花まる学習会と、プログラミング教育はDeNAと組む。プログラミング力はこれから力になりますからね。

僕の信条としては、誰も歩まない道を歩みたい。エクスプローラーでありたい。僕に対しては賛否両論、否のほうが多いかな。最近よく花もらうんですよ、白い菊の花(笑)。うちの奥さんは不吉だって言うけど、花だと思えばいいわけで。ラッキーラッキー花もらっちゃった、って。

『沸騰!図書館』
角川oneテーマ21 800円+税 221ページ

ひわたし・けいすけ●1969年生まれ。東京大学経済学部卒業後、総務庁(現総務省)入庁。大阪府高槻市市長公室長への出向などを経て、2006年故郷の武雄市長選に出馬し当選。当時の全国最年少市長として注目を浴びる。テレビドラマのロケ誘致をはじめユニークなアイデアで「ベンチャー市長」とも。14年4月に4選。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT