ジャガー・ランドローバー「純EVじゃない」電動化

ランドローバーは燃料電池車に新たな道を探る

筆者個人の意見として、ジャガーの全車EV化という道は正直さほどの驚きはない。今のブランドの置かれている状況からすれば、グズグズしている暇はないといったところだろうとは容易に想像できる。ただし、充電所要時間だったり、インフラ整備だったり、あるいは真の意味でのカーボンニュートラルの実現可能性といった意味では、バッテリーEVへの一本化という方策は疑問符なしとはしない。

一方、ランドローバーのFCVへの参入にはもろ手を挙げて賛成したい。少なくともリチウムイオンバッテリーを使ったEVは、ある程度以上のサイズになると車重が半端じゃなく増加してしまい、とても効率的だなどとは言えない。FCVのほうが軽量に作れるのは間違いないし、充填所要時間の短さ、航続距離の確保しやすさもプレミアムカーにはふさわしい。しかも、再生可能エネルギーのバッファとして最適で、可搬性に優れた水素の利用は今後ますます増えてくるはずで、そこには大きな可能性があるように思う。

バッテリーEV化が唯一絶対の正解ではないが

何を隠そう筆者は以前トヨタMIRAIを所有しており、今はランドローバー レンジローバー スポーツに乗っている。FCVのレンジローバーが出たら、これこそ完璧と今から期待が高まっている……というのは余談である。

冒頭で世界の自動車メーカーは目下、電動化の波に巻き込まれていると書いたが、実際にはメーカーによってその狙いも、実際に取る方策も技術も、こうしてそれぞれ異なっている。決して画一的なバッテリーEV化が唯一絶対の正解であるわけではなく、実際に起きているわけでもないのだ。その中でもジャガー・ランドローバーの戦略はとても興味深いものだし、今後の展開が注目に値するものであることは間違いない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT