ユニクロとジーユー「9%値下げ」もたらす価値

顧客還元の一方でコスト増となる策は吉か凶か

実はここが私にとってはとても大切で、服を断捨離する理由ができます。逆に言うと過去10年間購入してきたユニクロの服は、いまだに現役で私の自宅の洋服棚を占拠していて、もうこれ以上は増やすことができない状況にあります。

そして投資家の視点でいえばこれがユニクロ事業の最大リスクであり、高品質であるがゆえにユニクロの服は長持ちして買い替えることが難しいのです。

これまで日本のアパレル産業は、洋服を意図的に陳腐化させることで消費者に買い替えを促してきました。業界全体で今年の流行色を決め、微妙なディテールで過去の商品を恥ずかしいものに変えてしまう。だから毎年、消費者は今年の服を買うようになる。

ところがユニクロは普遍的で定番のカジュアルウェアを販売するようにこの業界常識を変えていくことで成長しました。そのようにして業界トップに立った今、気づくともはや洋服の買い替えが必要ない世界に到達してしまっていたと投資家の立場では感じられているのです。

まだユニクロが成長できる余地とは?

別にユニクロの服を劣化させよと言っているわけではありません。理想を言えば、素晴らしいデザインで、上質な素材を使ってほしい。そのうえで仕立て部分のコストや手間を削減すればワンシーズンだけもつ素晴らしい服が提供できるのではないかと言っているのです。

現実のユニクロは逆で、ジル・サンダーなど素晴らしい才能とコラボした製品をきちんとした仕立てで提供する。でも素材がいまいちというのがこれまでの市場の評価です。ここが変われればユニクロはまだ大きく成長できると投資家は期待しています。

つまりとても逆説的で長い長い話になってしまったのですが、結論を言えば、今回の消費税の表記が総額表示に代わり、そこでユニクロが値下げの決断をしたことは、私は巡り巡って長期的にはファーストリテイリングの企業価値を上げるチャンスになると捉えているということです。あくまで私は市場関係者から見れば少数派のようではありますが。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT