ユニクロとジーユー「9%値下げ」もたらす価値

顧客還元の一方でコスト増となる策は吉か凶か

そう考えるとユニクロの商品は今後も、ほぼほぼ消費税分の10%を値下げしてコストを何らかの形で吸収する必要が出てくると予想されます。市場関係者によればそれは品質を下げる方向に働くことが危惧されるようで、これまで品質の高さに支えられてきたユニクロのブランドイメージを棄損するリスクがある。だからファーストリテイリング株は売りだという論理になったようです。

この理屈は経済学的な論理としてわかるといえばわかります。ファーストリテイリングの国内売り上げはユニクロとジーユーをあわせて約1兆円ですからコスト削減要求は1000億円レベルになる。これはファーストリテイリングの年間の純利益にも匹敵する金額で、だからこそこのリスクをファーストリテイリングが乗り越えられるかどうかは、いったん悲観的に見たほうがいいというのが株式市場の見方なのだと思います。

ではなぜ経済の専門家である私が「でもいまファーストリテイリングの株を買ってみよう」と思うのかというと、まさにこのユニクロ商品の品質が下がることを期待しているからです。

ユニクロとジーユーの製品の違い

実はかつてユニクロの熱狂的なファンだった私は、ここ数年は主にジーユーで普段着をそろえています。

今さらですがユニクロとジーユーの違いを説明しますと、ユニクロは全世代をターゲットにしているのに対して、ジーユーはターゲットを完全に若者に絞っています。

そうすると商品がどう違ってくるのかというとまずシルエットが若い。これはおじさんにとっては痛いのですがそのような特徴がまずひとつ。そしてもうひとつはそのためにコストを絞っています。同じような商品でもジーユーの場合、素材に化繊が多かったり、ステッチなどの加工が省略してあったり。そしてワンシーズン着るとそれなりによれてきて「来年は着られないな」という感じになってしまいます。

次ページユニクロの服が長持ちすることが経営上のリスク?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT