初代「ヴェゼル」オーナーによるリアルな評価

ライバル比較で見えたロングヒットの理由

2013年に登場した初代「ヴェゼル」。写真は2018年にマイナーチェンジを受けたモデル(写真:本田技研工業)

2月18日に発表され、デザインを中心に賛否が巻き起こっている新型「ヴェゼル」。ヒットモデルとなるかどうかはこのデザインにかかっていそうだが、今後のヴェゼルを占う意味でも、ここで先代型となる初代ヴェゼルを振り返ってみたい。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2013年12月の発売後、2014~2016年、2019年と4度もSUV新車登録販売台数1位を獲得した大ヒットモデルは、果たしてどんなユーザーに支持されていたのだろうか?

市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める、自動車に関する調査「Car-kit®」から、初代ヴェゼル購入者のリアルな評価を浮き彫りにする。また、比較対象としてサイズや価格の近いトヨタ「C-HR」、同「ヤリスクロス」、マツダ「CX-30」、日産「キックス」の購入者データも見ていこう。

<分析対象数>
■ホンダ ヴェゼル:3,712名
■トヨタ C-HR:2,564名
■トヨタ ヤリスクロス:539名
■マツダ CX-30:354名
■日産 キックス:187名

※いずれも分析対象は新車購入者のみとする

フィット→ヴェゼルのステップアップ

まずは、車種決定の理由を4つの選択肢で聞いた結果を見ていく。ヴェゼルは「クルマそのものが理由で」のスコアが高くなっているのが特徴だ。登場以来、コンパクトSUV市場の拡大を牽引し続けてきた完成度の高さがうかがえる。

次に、購入者が購入前に乗っていたクルマ(前有車)から、どのような車種からコンパクトSUVへたどり着いたのかを確認する。いずれの車種にも共通するのは、同一メーカーからの乗り換えの多さである。上位5位まで見てみると、他メーカーからの乗り換えは1つもない。

ヴェゼル購入者の前有車で最も多かったのは「フィット」だった。ヴェゼルが、フィットをベースに開発されたサイズや価格の近いモデルであるだけに、フィットからのステップアップに乗り換えた人が多かったのだろう。

2位はヴェゼル自身がランクインしている。同一車種への乗り換えが一定存在していることは、しっかりとファンを獲得できている証拠だ。

3位以降は「オデッセイ」「CR-V」「ストリーム」となっており、ホンダ車の上位車種からダウンサイジングする格好となっている。

トヨタ「C-HR」と「ヤリスクロス」のトップ3は全く同じであり、「プリウス」「アクア」「プリウスα」となっていた。ヴェゼル、C-HRともに、ボディタイプの変更を伴う代替となるが、上位車種からの乗り換えでも“格下げ感”を感じずに、抵抗なく移行できているようだ。

次ページ他メーカーからの乗り換えも多い?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT