初代「ヴェゼル」オーナーによるリアルな評価

ライバル比較で見えたロングヒットの理由

たとえ「スタイルや外観」が優れていても、室内が狭い、荷室が狭い、といったような「苦手科目」がどこかにあったなら、ここまでヴェゼルが売れることはなかっただろう。

SUV新車登録販売台数で4度も1位を獲得したヴェゼルであるが、ここ数年の各社の新モデル投入状況を見れば、安心できる状況ではない。最後まで悩み、比較したクルマ、「最終比較検討車」のランキングを紹介する。

1ページ目でお見せした前有車のランキングでは、今回購入した車種のメーカーと一致することが多かった。一方で最終比較検討車になると、ヴェゼルで言えばフィット、C-HRではアクア、キックスではノートといったように、同一メーカー内でのコンパクトカーがランキング内に入りつつ、競合するコンパクトSUVもランクインしている。

また、C-HRには都市型SUVの代表格である「ハリアー」が、ヤリスクロスには確かな悪路走破性を備えた「RAV4」がランクインしていることも興味深い。SUVやクロスオーバーといった車種が、ユーザーニーズに応える形で多様化しつつも、しっかりと棲み分けられていることが読み取れる。

ただし、初代ヴェゼル購入者の多くは、まだヤリスクロスやCX-30といった車種が発売される前に購入しているので、比較車種として挙がっていないことには留意が必要である。

サイズやキャラクターの違いで複数ラインナップを揃えるトヨタ、自らの強みを前面に押し出したマツダの独自性、e-POWERで攻勢をかける日産と競合の動きは激しい。

新型ヴェゼルの動向は?

初代ヴェゼルの評価を見ても他を圧倒するような一芸があるわけではないが、ホンダ自らが標榜する、クルマづくりの根幹となる考え方は「人間中心」である。

「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最少に(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)」という「M・M思想」が示すように、高い実用性は折り紙つきだ。そういった特徴をしっかりとユーザーに届けることで、戦国時代が続くコンパクトSUV市場を今後も勝ち抜いていけるのか、4月に発売となる2代目ヴェゼルの動きは要注意だ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT