アンチエイジングに「苦痛と回復」が必要な理由

人生100年時代を健康で過ごす秘訣とは

一方で長引く炎症は、私たちに悪さもします。切り傷のように数週間で治る症状ならいいのですが、感染症や糖尿病などで体のダメージが慢性化すると、血管や細胞が傷つけられ、人体を内側から老化させていきます。体を若々しく保つには、長期の炎症はできるだけ抑えるにこしたことはありません。

そこで役に立つのが、私たちの体に生まれつき備わった炎症抑制システムです。このシステムの生物学的な全容はまだ明らかではありませんが、体内の脂肪酸やミネラルを使って働きはじめ、さまざまな手立てを講じて炎症の慢性化をブロック。体内の炎症を鎮めてくれるだけでなく、将来のダメージに備えて肉体を強化してくれます。結果、私たちの体は若返るのです。

要するに、ポリフェノールが若返りに効くのは、次のようなメカニズムによります。

1. ポリフェノールが体内で少量の毒として働き、体内に軽度の炎症を起こす
2. 炎症に反応して人体の抑制システムが起動し、肉体のダメージを修復
3. ダメージ修復のプロセスで、さらに肉体が若返る

ポリフェノールが体に小さなダメージを与えたおかげで、あなたが生まれながらに持つ心身の若返りシステムが働き出すわけです。

このようなポリフェノールの作用は、「ゼノホルミシス」と呼ばれます。「ゼノ」はギリシャ語で「外から来たもの」を意味し、いわば私たちは植物の「苦痛」を取り込むことで、間接的に自分の肉体を若返らせているのです。

「苦痛」と同じくらい重要な「回復」のフェーズ

「ハードに訓練せよ。しかし、それ以上にハードに休憩せよ」という格言が、アスリートの世界にはあります。体を鍛えるには厳しいトレーニングが欠かせないが、それ以上に「回復」のフェーズが重要だという経験則を言い表した言葉です。

『不老長寿メソッド 死ぬまで若いは武器になる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

いかにアンチエイジングには「苦痛」が不可欠だといっても、つねにストレスを抱えていたら心身が病むばかりでしょう。「苦痛」を若返りの源に変えるには、回復のフェーズが欠かせません。

筋肉の成長がいい例です。ご存じのとおり、筋肉量を増やすためには、トレーニングで筋繊維を傷つけたあとの適切な休憩と栄養補給が必須。休憩をはさまずに運動を続ければ筋繊維を修復する時間が得られず、ほどなく限界に達した肉体は、さまざまなレベルの不調を訴え始めます。

アンチエイジングにおいて苦痛と回復の重要度はまったく同じであり、どちらが欠けても心身の若返りはうまくいきません。

わかりやすく言えば、苦痛と回復はそれぞれ次の役割を受け持っています。

1. 「苦痛」は若返りシステムを起動させる
2. 「回復」は若返りシステムを実行させる

苦痛の刺激で若返りシステムが立ち上がっても、それだけであなたの心身が強化されることはありません。続けて正しい回復をはさまねば、若返りシステムは働いてくれないのです。

いわば「苦痛」と「回復」はアンチエイジングの両輪です。一方だけを重んじないように、心がけましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT