苦難を越え「福島の被災少年」が掴んだ驚きの夢

幼い心に刻まれた記憶、そして目指したもの

9歳のときに震災を経験した小椋康平氏に、当時の思いと今の生活について聞いた(写真:本人提供)
東北地方を中心にとてつもない被害をもたらした東日本大震災から今年3月11日で10年になる。被災者はどんな思いを抱えて過ごしてきたのか。作家・ジャーナリストの青沼陽一郎氏が取材した。

「福島の子どもだからって、いじめられるのは、本当に腹が立った」

福島県郡山市で生まれ育った青年は、小学生だった当時を振り返って言った。

「福島から転校した子どもが東京でいじめられているというニュースをテレビで見た。その子が悪いんじゃないのに、どうしていじめられるのかって思うと、心が痛んだ」

青年の名前を小椋康平といった。東日本大震災が発生した当時は9歳の小学3年生だった。あれから10年。少年から青年へ、そして大人への階段を上る時期を、ずっと福島の故郷で過ごしてきた。そこで彼の心に刻まれた数多くのもの――。

地震への恐怖で生きた心地がしなかった

あの日は学年末で、学校から早く帰ってテレビを観ていた。そこへ緊急地震速報が流れた。その直後だった。

「強い揺れがきて、ばあちゃんとすぐにテーブルの下に入った。立つこともできない揺れで、1~2分は続いた。一瞬、電気は消えるし、皿が落ちて割れる音はするし、地響きもすごかった」

少年は、生まれてからずっと父親の顔を見たことがなかった。母親と祖父母と4人暮らしだった。強い揺れが襲ったとき、母も祖父も外に出ていたが、間もなく無事で自宅に帰ってきた。だが、2階建ての家は傾き、ガスと水道が止まった。そこへ余震が続く。

「夕方からは雪も降ってきて、3月だというのに寒かった。でも、寒さよりまた強い揺れが来るんじゃないかと怖かった。生きた心地がしなかった」

その夜は、近くのコンビニで弁当を買って家族で食べた。それでも食欲はなく、眠ることもできなかった。とにかく揺れが怖かった。

次ページ福島第一原発の原子炉建屋が爆発
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT