プロ野球「大物メジャー選手」獲得増に期待の訳

コロナをきっかけに外国人選手事情が変わるか

一方で21世紀に入ってから、MLBの野球は劇的に変化した。野球を統計学的に分析する「セイバーメトリクス」をMLB球団が取り入れ、各球団がデータアナリストを雇用するようになる。

記録の蓄積だけでなく、球場にはトラッキングシステムなどの計測機器が設置され、選手のプレーは瞬時にデータ化される。このデータに基づいてさまざまな革新的な作戦、戦略が打ち出された。

パイレーツは打者ごとの打球の傾向に基づいて、内野手を極端な位置に守らせる「守備シフト」を導入。晩年のイチローなどもヒット性の打球を数多くアウトにされた。これに他球団も次々追随。

打者は「守備シフト」を打破するために、ホームランを狙うようになる。データによって「どの角度にどのくらいのスイングスピードでバットを振ればホームランになりやすいか」が割り出され、打者は意識的にそうした打撃をするようになる。「フライボール革命」だ。さらに投手は自分の投球の軌道、回転数、回転軸のデータを分析し、打者が最も打ちにくい変化球を自らデザインするようになった。

「日米の格差拡大」を象徴するもの

わずか10数年でMLBの野球は劇的に変化し、日本との差は大きく開いた。それを象徴しているのが2017年WBCの準決勝だ。日本は1-2でアメリカに惜敗したが、筒香嘉智(当時DeNA、現在はレイズ)、中田翔(日本ハム)、坂本勇人(巨人)ら主力打者は、アメリカのメランソン、ニシェック、グレガーソンなど一線級の救援投手に手も足も出なかった。

近年、西武の菊池雄星、牧田和久、秋山翔吾、巨人の山口俊、DeNAの筒香嘉智などNPBから移籍したスター選手が、MLBで苦戦するケースが増えているが、これも「日米の格差拡大」を象徴しているのではないかと思う(補足すればダルビッシュ有、前田健太などMLBで活躍している選手は、アメリカに来てから進化した選手だといえよう)。

しかしMLBの一線級選手の多くは年30億円、複数年で100億円を優に超す年俸を得ている。最高年俸が6億前後のNPBで、ジャスティン・バーランダー、トレバー・バウアー、ムーキー・ベッツのような超一流の選手を見ることはかなわない。日米の格差は広がる一方だと思われていた。

次ページコロナ禍が変えたMLBの状況
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT