女性管理職の働きがいは上司で決まる?

「2030」先進企業はこうしている

無理やり女性管理職を登用するのではなく、やる気を引き出すにはどうしたらいいか?(写真は、そごう・西武西武所沢店食品課長、佐佐木万恵さん、48)
「2020年に女性管理職の比率を30%にする」――。政府が掲げた目標に、各企業が必死に取り組んでいる。
そんな先進企業で働く女性管理職をやる気にさせるコツとは。

みずほ銀行 環境を作る上司も表彰

実際、女性は増えたなあと感じる。みずほ銀行丸之内第二部、法人営業の副部長を務める西牧準子さん(42)が入行した当時、新入社員の女性総合職は5人程度。現在は全社員の女性比率45%、管理職14.3%まで伸び、4月には生え抜きの女性執行役員が誕生した。

「出産・育児支援、仕事と介護の両立など、女性の離職を防ぐための制度はすでにある程度整っています」

とみずほフィナンシャルグループ・ダイバーシティ推進室の間淵裕子さん(39)は説明する。だが、離職しないことと、管理職として組織を率いる立場になることはイコールではない。

「『やめなくてもいい』と『活躍する』の間にはまだ大きな溝がある。それを埋めていくことに今は取り組んでいます」(間淵さん)

例えば、みずほアウォード(社内表彰制度)のダイバーシティ部門では、活躍する女性だけでなく、その環境を作る上司と周囲のサポートも表彰する。

みずほ銀行丸之内第二部副部長 西牧準子さん(42)

「管理職を目指して働いてきたわけではなく、目の前にある仕事をひとつずつやっていたら、いま立っているところにたどりついていました」

とあくまで自然体の西牧さん。家に帰れば3歳の女の子の母でもある。1年間の育休中は、2~3カ月に一度、上司がコンタクトを取って会ってくれた。「今はこんな案件に取り組んでいる」と最新の情報を教えてもらい、西牧さんも近況を話した。おかげでスムーズに復帰ができた。大企業ゆえ、人の異動も多く、そのサイクルも3年ほどと短い。人が入れ替わることが当たり前だから、育休を取ることにも後ろめたさを感じなくてよい空気がある。

「法人営業の肝は、いかにお客さまへの提案の質を高められるかというところ。相手との関係性を築きながら、担当業界についての研究、財務分析など企業経営に関する知識・ノウハウの勉強も欠かせません。自分の想像を超える提案を部下が持ってきたとき、成長を感じて嬉しくなりますね」

次ページ女性をうまく育てられる人を評価
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT