日本人に今こそ必要な「あいまいさ」を許す力 社会に蔓延する排他的な思考を打ち破る考え方

拡大
縮小

例えば最近ビジネスにおいて、MBAで学ぶ工学的なサイエンスのような戦略のみならず、センスやアートのような感覚的な判断が大切だと言われています。

教科書どおりの、通り一遍のマーケット感覚や経営観、もっといえば人間観では捉えきれないのが、本来の世の中だからでしょう。

『考えることこそ教養である』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

また社会が多様化し、「こうあるべき」といったこれまでの一色の常識では捉えきれない世の中になっていることも一因です。だから、「あいまいさ」が求められる。

 「そういう考え方もあるのか」
 「逆の立場から見れば、賛成できないのもわかる」
 「まだ理解できないが、そう判断をする人もいることはわかる」

AかBか白黒をつけずに、さまざまな意見が集まる、あいまいな部分。住居でいえば外でもない、内でもない「縁側」のような余白を持つことは、多様化して捉えづらくなった世の中を寛容に受け止める思考のスペースになり、心の余裕にもなるのではないでしょうか。

あなたの心に「縁側」を取り戻そう

考えてみれば、縁側はその内側に住む旦那さんと、庭を手入れする庭木職人さんが交わって雑談する場所でもあります。普段は交わらない場所にいる他人同士が、気軽に同じ場所に座って、「最近調子はどうだい」「そういえばこんなことがありました……」などと言葉を交わし、時に知恵を交換し合うわけです。

いま、物理的にこうした場所が失われつつあるのは大変もったいないと思います。皆さんの頭の中にこうした縁側の精神を持ち、さまざまな考えを受け入れながら考えを膨らませ、さらに深く考える習慣を身に付けてほしいと考えます。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT