パパとママをフェアな関係にする「お金」の話

親から子へ受け継ぎたい資産とマネーの知識

お金の話は教育のひとつ。タブーではありません(写真:Domani編集部)

皆さん、親子の間でお金の話はしていますか? 私が祖母や母から受け継いだお金の教育、そして子どもに受け継ぎたいお金への意識がテーマです。

お金の話について。これまで、夫婦喧嘩や子どもの性教育について考えるときに、「家族で話し合うこと」の大切さを、繰り返しお話してきました。話し合いが大切なのは、「お金」についても同じではないでしょうか。

マネー記事をスクラップして送ってくれる母に感謝

思い返すと、私の母はことあるごとに私にお金の話をしてくれました。祖父(母の父)の会社経営の話、私たちを育てるのにかかったお金、家の貯蓄や保険、ローンにいたるまで、子どものころの私がどれくらい理解できていたかはわかりませんが、年齢や必要に応じてしっかり伝えてくれたことを覚えています。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

そして今でも、私に知らせたい金融関連のパンフレットや新聞記事があれば、スクラップブックにして送ってくれます。医療保険や生命保険、固定資産税や相続税、子育てにかかるお金のことなど…記事は全般にわたります。それをきっかけに、母と年金や将来のことを話したりするきっかけにもなります。

どうして私たち娘にお金の話をしてくれたのか、かつて母に聞いたことがありました。そこには祖母から母へ受け継がれた大事な教えがあったのです。

母の父(私の祖父)は会社の経営に関わる業務をすべて1人でやっていたそうです。ところが、働き盛りのときに病気で倒れてしまい、会社の経営はストップ。お金の流れも止まってしまった中で助けになったのが、祖母が「何かあったときのために」貯蓄していたお金でした。

祖母は、家計費の中から家族用とは別に自分用に長い間貯蓄をしていたのだそうです。それがあったから、家族を支えながらも、自身が病気をしたときや将来のためにお金を使うことができたのだそうです。今の私ならその蓄えが精神的な支えになったことも、想像できます。私の母は、そんな祖母の意思をしっかり受け継ぎ、私たちにも伝えてくれているのです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT