金利反転で損失必至・数兆ドルの債券の守り方

固定利付債から変動金利債、銀行ローンへ

ブラックロックやTロウ・プライスの運用者からゴールドマン・サックス・グループのアナリスト、ブラックストーンとKKRの債券部門まで、ウォール街のトップマネジャーたちは投資戦略を調整している。

数兆ドルにも及ぶ債券投資を守れ

新型コロナウイルス危機収束後には、インフレ加速と景気拡大がやって来て、40年にわたる米金利の低下が反転する恐れがある。そうした見通しに基づき、数兆ドルの債券投資を守るため奔走を始めているのだ。

この動きの最初の兆候は既に表れている。各社は資金をローンや変動金利商品に移しつつある。通常の債券の大半は固定金利だが、変動利付債の金利は指標金利に連動するため金利上昇時に価値を維持できる。

ブラックストーンのクレジット担当グローバル責任者、ドワイト・スコット氏は「35-40年にわたって長期金利は低下し、これが債券投資と株式バリュエーション上昇を大きく支えてきた。投資の世界にいる者は長く、追い風を受けていた。その追い風はもはやないが、まだ向かい風でもない」と語った。

次ページ微妙な潮目の変化はすでに始まっている
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT