乳がん患者直面「本当に辛いのは退院後」の現実

「がんは人生の一部」と受け入れるまでの道のり

手術は無事に成功しましたが、仕事、家事、育児に加えて新たに「治療」というタスクが加わったのです(漫画:Komeko Uchino & Ikuko Aihara/KADOKAWA)
ある日突然告げられた乳がん。手術を終えてひと安心と思いきや、本当のつらさはその先に待っていた……。3歳の子どもを育てる医療ライターの藍原育子さんは、自身が乳がんを患った経験から、「がんは『切ったら終わり』という病ではありません」と言います。手術を無事に終えても再発の不安、以前のように働けないことへの焦燥感や罪悪感に襲われ、心のバランスを崩してしまうことも。藍原さんの実体験を基にした『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』より、一部を抜粋してお届けします。
『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

医療系ライターとして、乳がんの検診や治療に関する記事を書いていた藍原育子は、ある日突然乳がんの告知を受けます。「まさか自分が」という大きな戸惑いやショックを抱えながら手術や治療法に関する情報を集め、乳房をすべて切除する「乳房全切除術」と、手術と同時に乳房を作り直す人工乳房による再建手術を決意しました。

手術は無事に成功。しかし仕事、家事、育児とすでにたくさんのタスクを抱えていたところに新たに「治療」が加わったこと、また家族や周囲に病気や抱えている気持ちをうまく伝えられないことから、徐々に心のバランスを崩していきます。

手術を受けるまでの道のりを描いた闘病記ではなく、がん患者たちが退院後に直面する「闘病後期」をリアルに描いた本書。手術を乗り越えてこれですべて終わると思っていた退院は、実はがんというレースのスタートラインにすぎなかったのです。

退院後、待ち受けていたこと

©Komeko Uchino & Ikuko Aihara/KADOKAWA
次ページ「よかったね」?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT