中学生以上の子どもの「おこづかい」の渡し方

親子間の「金銭感覚の共有」が信頼につながる

わが家では、携帯電話・スマホの使用料は一貫して親が一緒に支払っていました(就職した2年目の初めまでうっかり払ってしまっていました)。スマホになる前、1カ月の請求が目が飛び出るほど高かったことがありました。原因は友人からの画像の受信代です。

一緒にドコモに話を聞きに行ったりして、どうやってセーブするかを考えました。それからは上限額を決めて、それを超す月が続いたら携帯電話はやめるという約束をして、守るようになりました。

成果は「金銭感覚の共有」

「おこづかいプログラム」でおこづかいをあげた結果だと思うのですが、親子でお金の価値観をきちんと共有できていると思います。それがいちばんの成果かもしれません。話し合いの大前提が一緒なので、トラブルも解決しやすいように思います。

『最新版 子どもにおこづかいをあげよう!』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

おこづかい以外のお金が必要になったときも、きちんと何のためにお金が必要か説明して、品目と金額を書いて持ってきました。

そのせいなのか、性格なのか、大学受験時も予備校代も最小限、参考書代も最小限、本当に必要なものだけを選んでいる様子で、問題集は全部何度も回して使い、高校3年生の予備校の冬期講習の講座の1つがやさしすぎたとき、「お金を出してもらって申しわけないのだが、時間がもったいないので途中だがやめさせてほしい」と謝ってきたりもしました。

「おこづかいプログラム」実施後は、大きな金銭トラブルも一切なく、また何かをおねだりされることもまったくなくなりました。彼からの請求は、基本的に必要性が高いものという信頼感&安心感を持っていました。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT