働きやすい企業ランキング--人気だけではわからない、CSRデータで分析! トップは日立製作所、資生堂、帝人

働きやすい企業ランキング--人気だけではわからない、CSRデータで分析! トップは日立製作所、資生堂、帝人

先日掲載したCSR企業ランキングは1104社から回答があった東洋経済CSR企業調査(2009年7月実施)をベースにしている。この中で雇用や人材活用に関するデータは、通常、企業が出したがらない情報が満載だ。

これらのデータを使って作成した雇用得点は「働きやすい企業」を選ぶための情報として役立つ可能性が高い。そこで、今回はこの得点を使った「働きやすい企業ランキング」をご紹介する。

ランキングに使用したデータは24項目(詳細は記事末に掲載)。制度の有無や達成度などを得点化した。CSR企業ランキングでは対象外となっている金融機関、未上場企業も含んでいる。

では、ランキングを見てみよう。トップは日立製作所、資生堂、帝人が100点で並んだ。いずれもCSR企業ランキングで10位から16位と上位にランクインしている。これら3社に共通するのが多彩な人材活用制度だ。

■働きやすい企業ランキング 上位100社/詳細解説はこちら(「投資お役立ちランキング」欄に掲載しています)

例えば、日立は社内公募制度を91年に導入。現在はグループ19社が対象で、この制度を使って2000年以降、450人が社内異動した。

子育て・介護支援も充実している。小学校卒業までの時短勤務に加え、在宅勤務も可能。介護は必要な期間中、何年でも短時間勤務できるなど恵まれた制度が数多くある。

資生堂も負けていない。もともと女性社員が多く、事業所内保育所などの育児支援制度は充実している。近年は男性の育児休暇取得者も増加中で、男女に関わらず子育てをしながら働くことが普通になっている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。