働きやすい企業ランキング--人気だけではわからない、CSRデータで分析! トップは日立製作所、資生堂、帝人


 女性管理職比率は18.7%(連結ベース)と大手企業ではトップクラス。数年後には30%まで上げることを目標として掲げる。さらに、障害者雇用率は2.88%(09年6月時点)と他社を大きく上回る。

同社は、「人は1のものを2にも3にも変えることのできる最も大切な、そして唯一心を持つ経営資源」と考える。「社員の成長と会社の成長が重なる会社を目指す」という基本方針のもと、社内公募・FA制度など各自の能力を最大限に活かすための各種制度を整備している。

帝人は「社員とともに成長します」という企業理念のもと、「生産性の向上」と「社員の人生の豊かさ」向上を目指す。

最長1年間の介護休暇や育児・介護を対象にした週2回までの在宅勤務など子育て・介護支援制度は日立や資生堂と比べてそん色ない。さらに特筆すべきなのが配偶者の転勤にあわせて転居先の近くの事業所への異動を配慮する「夫婦帯同転勤制度」。優秀な人材ができるだけ辞めなくてすむように、会社としてできる限りの支援策を講じている。

能力開発については、「成長の源泉は自らにある」とし、OJTをベースに各個人が成長することをめざす。社内公募や社内FA制度だけでなく、社員が新ビジネスを提案できる企業内ベンチャー制度もある。「高い目標に果敢に取り組むことこそが、能力向上につながる」という同社の人材育成方針を体現している制度といえるだろう。

このトップ3社に続くのが、4位NEC、オリックス(得点98.1点)、6位日本郵船、東芝、�島屋、東京海上ホールディングス(同94.3点)などだ。

さて、こうした働きやすい環境を企業が整備することをCSR(企業の社会的責任)活動ととらえるのは間違いだ。あくまで企業の最大の目的は利益をあげること。それを長期間、持続し続けるためには従業員の力が欠かせない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。