「保護猫カフェ」を訪れた私の思いがけない発見

里親募集型のお店に通ってみてわかったこと

知られざる「保護猫カフェ」の日常とは?(漫画:蘭木流子/ハガツサブックス)

環境省によれば2019年4月から2020年3月までの2年間に全国で引き取られた犬と猫は合わせて約8.5万匹(犬が約3.2万匹、猫が約5.3万匹)にも及びます。

『いっしょに帰ろう 保護猫カフェで出会った新しい家族の話』(ハガツサブックス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

犬と猫を合わせた殺処分率は2000年代前半まで年間90%を超えていましたが、今は同4割を切るほどまで下がりました。

動物の殺処分問題に対する関心が高まり、「保護犬」や「保護猫」を迎える人が増えています。そんな保護猫たちと出会うひとつの場として注目されているのが保護猫カフェ。

猫が触れないと思っていた人、ひとり暮らしのために猫を飼うことを諦めてかけていた人、愛猫の死を乗り越え新たな出会いを求めていた人…保護猫カフェだったからこそ新しい家族に出会えた人たちの実話の物語を集めた『いっしょに帰ろう 保護猫カフェで出会った新しい家族の話』より一部を抜粋してご紹介します。

里親募集型の保護猫カフェに行ってみた

©蘭木流子/ハガツサブックス
次ページひとりで来ているお客さんも多くて安心
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT