人々はなぜ「インフレ率」を高く感じているのか

「株」「住宅」価格の高騰を物価指数に入れてみた

これらの指数とウェイトを用いて「拡張CPI」を作成してみた。2012年以降に拡張CPIとCPIコアとの乖離が大きくなり、直近では8%程度の乖離があることがわかる。

また、前年同月比を求めると2013年以降ほぼ一貫してCPIコアの前年同月比を上回った。株価や不動産といった資産価格や税金・保険料の負担率上昇により、「拡張CPI」はCPIコアで計測されるよりもインフレ率が高いということがわかる。

なお、2013年から2014年および2018年には「拡張CPI」の前年同月比は日本銀行が目標とする「2%」をわずかに達成した局面があった。資産価格(有価証券や住宅価格)の上昇によってもたらされた物価目標の達成は決して望ましいものではないが、「日本銀行の異次元緩和は資産価格の上昇を通じて目標を達成していた」と言うことは可能である。

「実感インフレ率」を「拡張CPI」で説明可能

「拡張CPI」の前年同月比は、CPIコアと比較すれば高止まりしている。日本銀行の調査において人々の「実感インフレ率」が高止まりしている要因の1つである可能性は十分にあるだろう。

逆に、人々の「実感インフレ率」の高止まりが資産価格の上昇によるものだとすると、市場価格が崩れてしまえば「実感インフレ率」もたちまち低下してしまうリスクがあるとも言える。今後は、資産価格の下落局面においても「拡張CPI」と人々の「実感インフレ率」が連動するのかを確認する必要がある。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT