人々はなぜ「インフレ率」を高く感じているのか

「株」「住宅」価格の高騰を物価指数に入れてみた

まず、この5項目について、それぞれの指数を作成し、ウェイトを設定する必要がある。

このうち、「消費支出」「直接税」「社会保険料」「有価証券」「不動産」の指数はそれぞれ「CPI(持ち家の帰属家賃を除く総合)」「直接税/実収入」(出所:家計調査)「社会保険料/世帯人数」(出所:家計調査)「日経平均と日本国債の合成インデックス」(合成比率は日本銀行「資金循環統計」の投資信託概況より作成)「不動研住宅価格指数」(出所:日本不動産研究所)を用いた。

また、対応するウェイトは家計調査の「消費支出」「直接税」「社会保険料」「有価証券購入」に加えて家賃地代と持ち家率から推計した「帰属家賃」の計5項目を足し合わせて全体の支出とし、それぞれ計算した。なお、ウェイトの計算には2013年1月以降の月次平均値を用いた。

「拡張CPI」はCPIコアを上回る

作成に用いた各種指数の推移をみると、CPI(消費支出)の物価上昇が最も鈍いことがわかる。仮に、人々の「物価」の感じ方が「有価証券」などの価格上昇に引きずられていれば、アンケート調査ベースの「実感インフレ率」が高めに出る可能性がある。

次に、「拡張CPI」を作成するためのウェイトは消費支出69.2%、直接税9.4%、社会保険料12.7%、有価証券0.3%、帰属家賃は8.3%となった。CPI(消費支出)のウェイトが高いものの、「直接税」や「社会保険料」のウェイトもそれなりに大きい。「有価証券」は価格変動が大きいものの、ウェイトは小さい。

総じて「拡張CPI」は比較的バランスの取れた指標になりそうである。1つの指標に全体が過度に引っ張られることはなさそうだ。

次ページ「拡張CPI」とCPIコアは足元で8%乖離
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT