芸能人の事務所独立が止まらない「納得の事情」

フリーになってさらに試される「真価」

(写真左上から時計回りに)中居正広、米倉涼子、神田うの、手越祐也、藤森慎吾、宮迫博之(写真:週刊女性PRIME)

中居正広、柴咲コウ、山下智久、前田敦子、ローラ、神田うの、岡田結実、菊池桃子──。彼ら彼女らに共通するのは、昨年、所属事務所を退所したという点。

上記の面々は、ほんの一例だが、昨年末にはオリエンタルラジオが吉本興業から退社し、3月には長瀬智也がジャニーズ事務所から退所することが明らかになっている。

芸能界は曲がり角、ますます退所は増える

一過性のものではなく、大物を含めた芸能人の所属事務所退所が止まらない。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「ますます退所は増えていくのではないか。芸能界は曲がり角を迎えている。こんなにバタバタと芸能人が独立するのは、僕の芸能レポーター人生でも初めてですよ」

と驚きを隠さないのは、昭和、平成、令和の芸能界を取材してきた芸能レポーターの石川敏男さん。個人事務所を立ち上げる、フリーランスになる、エージェント契約を結ぶなど、所属事務所に縛られない道を選ぶ芸能人が増えている背景には、何があるのだろうか?

「まず、芸能界を引っ張ってきた敏腕と言われるような人たちが、健康面を含めて老体化してきたという点が挙げられるでしょう。退所する芸能人の中には、芸歴30年を超える人も少なくない。事務所に入ったきっかけとなった人や、長年お世話になった人がいなくなることで、タレントの心情に変化が生じるのは当然のこと」(石川さん)

次ページ社長クラスの世代交代の問題が大きく影響
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT