「最高の腸活おやつ」、日本人に身近な簡単3食品

「ダイエット中でもOK!」上手な食べ方も紹介

最後のダイエット中でも食べてほしい「最高の腸活おやつ」は「フルーツヨーグルト」です。

【最高の腸活おやつ3】フルーツヨーグルト(「ファストの食品」の組み合わせ)

乳酸菌を多く含み、腸内環境を整えるといわれている「ヨーグルト」。これは消化の速い「ファストの食品」です。

ヨーグルトと、同じく「ファスト」に分類される、腸の掃除人「フルーツ」と組み合わせれば、「最高の腸活おやつ」になります。これもまた、スーパーやコンビニでお手軽に買えるのがうれしいですね。糖分を控えたい方は、「ブルーベリーヨーグルト」など「GI値の低いフルーツ」の入ったものを選ぶとよいでしょう。

最初からフルーツ入りのヨーグルトを買うのではなく、プレーンのヨーグルトに、生のフルーツやフルーツジャムと組み合わせるのもおすすめです。同じく「ファスト」に分類される「はちみつ」をかけるのもいいですね。

「アダムスキー式腸活法」に「食べてはいけない食材」はない

世の中には「カロリー制限ダイエット」や「糖質制限ダイエット」など、たくさんの「○○制限ダイエット」がありますが、「アダムスキー式腸活法」が魅力的なのは、あくまで「食べ合わせ」を重視し、あれもダメこれもダメという「食べてはいけない食材」を列挙するものではない、という点です。

アダムスキー博士は「必要なのは、『節度ある食べ方』をすること、そして普段の食事の中で『ほかの食品とどのように組み合わせるべきか』を知っておくことです」と述べています。

甘いものも「完全に我慢する」のではなく、「程よい量」を「適切なタイミング」で食べることで、十分、腸をきれいな状態に保つことは可能、ということです。

みなさんもぜひ「アダムスキー式腸活法」を学び、ただ甘いものを我慢するのではなく、上手に付き合いながら、「腸を汚さない」健康な体と食生活を送ってみてください

(医学監修:澤田幸男/医学博士、澤田肝臓・消化器内科クリニック院長)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT