「最高の腸活おやつ」、日本人に身近な簡単3食品

「ダイエット中でもOK!」上手な食べ方も紹介

「アダムスキー式腸活法」では、「腸に『汚れ』をため込まないこと」「腸の状態を清潔に保つこと」を最も大切にしています。

そのため、腸活の第1段階では、「たまっていた『腸の汚れ』をはがすこと」を目指します

このときに活躍してくれるのが「フルーツ」です。消化管にこびりついた汚れを溶かす「パイプ洗浄剤」の役割を果たしてくれる、とアダムスキー式メソッドでは考えます。アダムスキー博士は「1日1回フルーツを食べ、消化管の滑りをよくして日常的に『腸の汚れ』を取ること」をすすめています

腸活をはじめたばかりの人は「1日1回フルーツ」を!

【最高の腸活おやつ2】手軽にとれる「ドライフルーツ」(「ファストの食品」)

とはいえ、外出が多い方や一日中オフィスにいる方は、なかなか生のフルーツを食べるのは難しいと思います。

そんなときにうれしいのが、「ドライフルーツ」です。いちじくやナツメ、あんずやプルーンなど、さまざまな種類のドライフルーツがあり、最近はコンビニでも小分けのドライフルーツが売られていてとても便利ですね。

「アダムスキー式腸活法」では、食べ物を消化の速い「ファストの食品」と、消化の遅い「スローの食品」に分けて食べますが、フルーツは、ドライにしたり、ジュースにしたり、ジャムにしたりと、加工をしても「ファストの食品」のまま。形が変わっても、積極的に摂取することをすすめています。

ドライフルーツというと、よくナッツとセットで売られていますが、実は、ナッツは「スローの食品」ドライフルーツとナッツを一緒に食べると、消化に必要以上に時間がかかり、腸を汚してしまう恐れがあるとアダムスキー式メソッドでは考えます。ナッツとドライフルーツは、タイミングをずらして食べるのをすすめています。

また、フルーツの選び方で気をつけていただきたいのが、少数ですが例外があることです。「ココナッツ」や「アボカド」は「スローの食品」になりますので、フルーツを選ぶときには注意しましょう

次ページ最後の「おすすめ腸活おやつ」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT