「今年の目標」早々に挫折する人が多い根本理由

最初頑張れても急に意志や我慢は強くならない

年始に立てた目標や計画が、早々に頓挫するのはなぜでしょうか(写真:EKAKI/PIXTA)
早いもので、2021年も1カ月が過ぎようとしています。「一年の計は元旦にあり」と言いますが、すでに年始に立てた目標や計画が頓挫した人も多いのではないでしょうか。
「考える技術」がテーマのベストセラー『パン屋ではおにぎりを売れ』の著者・柿内尚文氏に「新年に目標を立てても挫折しがち」な理由を分析してもらった。

目標実現の壁となる「挫折3兄弟」

2020年はコロナ禍で思っていたことができなかったので「2021年こそは!」と意気込んでいる人も多いと思います。

ただ、年の初めに「1年の計画」を立てても、その実現率はかなり低いそうです。すでに心当たりのある人は多いのではないでしょうか。

では、なぜ実現しないのか。それは目標実現を阻害する「挫折3兄弟」が存在しているからです。

挫折3兄弟とは「頑張る」「飽きる」「忘れる」です。

えっ、「飽きる」と「忘れる」はなんとなくわかるけど、「頑張る」も?と思うかもしれませんが、「頑張る」はかなり挫折の原因になります。

仕事の現場ではよく「頑張ります!」という言葉を耳にします。「頑張る」は通常はポジティブな言葉として使われていますよね。

「頑張る」の定義はデジタル大辞泉によれば、

1. 困難にめげないで我慢してやり抜く
2. 自分の考え・意志をどこまでも通そうとする

とあります。

次ページ挫折のにおいがプンプンする
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT