実は簡単!肉汁あふれる「メンチカツ」の作り方

フライの基本を押さえれば工程はシンプル

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南! (写真:LEON編集部)
「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。最近は「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。
そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れて、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。

「メンチカツ」を作ってみよう!

毎年、おせちに飽きたころ、無性に揚げ物を食べたくなりませんか? からあげ、コロッケ、とんかつ……何を作ろうかと考え、浮かんだのはメンチカツ! 肉汁があふれ出るメンチカツは精肉店で買うものと決めつけ、自分で作ったことのない方も多いかもしれません。

本記事はLEON.JPの提供記事です

でも、原則的にはメンチ、つまりミンチしたひき肉をまとめて揚げる、つまりハンバーグをフライにするようなイメージで、決して難しくはないはず。野本さ~ん、おいしいメンチカツの作り方、教えてください!

メンチカツ(2人分)

合いびき肉        250g
牛肉(焼肉用)      50g 粗めに刻む
タマネギ(みじん切り)  1/2個
卵            1個
塩              小さじ1/2
ケチャップ        小さじ1
中濃ソース        小さじ1
こしょう         適量
ナツメグ         適量

強力粉          適量
溶き卵          適量
パン粉          適量

ゴボウ            1/2本(斜め切り)
ニンジン           1/2本(乱切り)
こんにゃく          1/2枚(スプーンでひと口大にちぎる)
木綿豆腐           1/2丁(ひと口大に切る)
ネギ             1本(斜め切り)
一味唐辛子        適量

さあ、作り始めましょう(写真:LEON編集部)
次ページメンチカツは難しくはない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT