「赤い電車」と言えば名鉄、愛知ご当地鉄道事情

多種多様な電車と複雑な路線網のクセがすごい

いずれにしても、このように名鉄の路線ははっきり言って奇々怪々。名鉄名古屋駅の複雑さを取り上げるまでもなく、全線をうまく乗りこなすのはかなりの難易度である。私鉄ではほかにも東武鉄道や近畿日本鉄道のようにたくさんの路線を持っている会社があるが、それと比べても名鉄は難しい。

それは、ひとえに名古屋本線から支線へ直通する列車設定が中心だから。乗り慣れた地元の人は、この直通列車を選んですいすいと移動しているが、これは初心者にはかなり大変だ。慣れないうちは、名古屋本線だけを走る列車(名鉄岐阜行き・豊橋行き)に乗って、分岐駅で乗り換えるべし。多少待ち時間が増えるかもしれないが、そのほうが間違いがなくて安心である。

個性的な小牧線と瀬戸線

ほかの名鉄路線とは少し趣の違う路線が2つある。1つは地下鉄上飯田線から直通して愛知県北部を南北に走り、犬山駅までを結ぶ小牧線。春日井市や小牧市といったベッドタウンを駆け抜ける。小牧駅からは、かつて桃花台ニュータウンに向かって桃花台線という新交通システムがあった。たったの15年で廃止されてしまった幻の新交通システムだが、その廃線跡の高架は今でも一部に残されている。

小牧線は名古屋市営地下鉄上飯田線に直通する。そのため、車両も独自仕様だ(筆者撮影)
瀬戸線は専用の4000系が活躍する。ステンレスの車体が特徴(筆者撮影)

もう1つは名古屋市中心部の栄町駅から瀬戸焼、そして藤井聡太二冠の出身地としても有名になった瀬戸市までを結ぶ瀬戸線だ。小牧線は直通こそないが犬山駅で犬山線と乗り換えられる。しかし、瀬戸線はまったくほかの名鉄路線と接していない完全なる飛び地路線なのだ。

もちろん車両も瀬戸線独自。今では名古屋市中心部は地下に潜っているが、かつては路面電車となって名古屋城の外堀の中を走っていて、お濠電車と呼ばれていたこともあるほどだ。ルーツは常滑線がそうであったのと同じく瀬戸焼を運ぶため。お堀端で瀬戸焼を降ろし、最後は水運で港まで運んでいたという。

名鉄の各路線を簡単に述べるだけでも、さすがに文字数が増えすぎた。JR東海道本線を中心としつつ、愛知の鉄道のルーツである武豊線、名古屋市営地下鉄など、まだまだ魅力ずくめの愛知県の鉄道旅行、続きは次回にしよう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT