日本人にとってインドは難しい市場なのか?

インフォブリッジグループ 繁田奈歩代表(下)

三宅:最後に日本のビジネスパーソンにメッセージをいただけますか。

繁田:皆さん、自分の限界を自分で作ってますよね。それをやめちゃえばいいと思います。たとえば、川幅が3メートルあって、そこが深いかどうかわからないなら、飛び越えてみればいいじゃないですか。もしずぶ濡れになるのが本当に許容できないリスクだとしたら、カッパを買ってくるとか、橋を造ってくれる人を探してくるとか、方法を考えればいい。「濡れたら着替えればいいじゃん」と思うならタオルと着替えを用意すればいい。もし死ぬかもしれないなら、死なない方法を考える必要がありますけど。

あと、100点とれなくても、1点でもいいから、前に進めばいいと思います。やらないほうが損ですよ。やってみたら、必ず何かは前に進むはずです。

三宅:いい言葉ですね。自分で自分の限界をつくらないのはキリギリスの条件かもしれません。

繁田:日本企業のコミュニティをみても、大企業とそれ以外の企業はあまり交じり合わないですよね。ベンチャーの人たちは大企業になかなかいけないし、大企業の人がベンチャーの人と食事するとか、そういうことすらあまりない。

でもいったん会社の外に目を向けると、別に業種や業界とか、既存の枠組みなんかどうでもいいじゃないかと思うようになるし、「そんなものは飛び越えて、新しいことをやろう」という人を応援してくれる人も、やっぱりいるんですよね。外に目を向けるということがたいへん重要だと思います。

三宅:そういう意味ではアリが多い組織の側でもキリギリスを理解しないかぎり、いい成果は出ない。異質なものを認めて、融合していかないといけないのですね。

繁田:キリギリスを甘やかす必要はないと思うんですよ。キリギリスって、ときどきほんとにダメなことをするので(笑)。そういうときは、「お前、これはあかんぞ」と指摘しないといけない。でもそんなに思い切りルールを乱さないかぎりは、いろんなトライの仕方を認めてあげてもいいんじゃないかな。

三宅:なるほど。今日はたいへん刺激を受けました。ありがとうございました。

(構成:長山清子、撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。