日本人にとってインドは難しい市場なのか?

インフォブリッジグループ 繁田奈歩代表(下)

三宅:最後に日本のビジネスパーソンにメッセージをいただけますか。

繁田:皆さん、自分の限界を自分で作ってますよね。それをやめちゃえばいいと思います。たとえば、川幅が3メートルあって、そこが深いかどうかわからないなら、飛び越えてみればいいじゃないですか。もしずぶ濡れになるのが本当に許容できないリスクだとしたら、カッパを買ってくるとか、橋を造ってくれる人を探してくるとか、方法を考えればいい。「濡れたら着替えればいいじゃん」と思うならタオルと着替えを用意すればいい。もし死ぬかもしれないなら、死なない方法を考える必要がありますけど。

あと、100点とれなくても、1点でもいいから、前に進めばいいと思います。やらないほうが損ですよ。やってみたら、必ず何かは前に進むはずです。

三宅:いい言葉ですね。自分で自分の限界をつくらないのはキリギリスの条件かもしれません。

繁田:日本企業のコミュニティをみても、大企業とそれ以外の企業はあまり交じり合わないですよね。ベンチャーの人たちは大企業になかなかいけないし、大企業の人がベンチャーの人と食事するとか、そういうことすらあまりない。

でもいったん会社の外に目を向けると、別に業種や業界とか、既存の枠組みなんかどうでもいいじゃないかと思うようになるし、「そんなものは飛び越えて、新しいことをやろう」という人を応援してくれる人も、やっぱりいるんですよね。外に目を向けるということがたいへん重要だと思います。

三宅:そういう意味ではアリが多い組織の側でもキリギリスを理解しないかぎり、いい成果は出ない。異質なものを認めて、融合していかないといけないのですね。

繁田:キリギリスを甘やかす必要はないと思うんですよ。キリギリスって、ときどきほんとにダメなことをするので(笑)。そういうときは、「お前、これはあかんぞ」と指摘しないといけない。でもそんなに思い切りルールを乱さないかぎりは、いろんなトライの仕方を認めてあげてもいいんじゃないかな。

三宅:なるほど。今日はたいへん刺激を受けました。ありがとうございました。

(構成:長山清子、撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT