日本人が知らない世界の5大炎上事件2020年版

思い込みが先だと多様な価値観に気づかない

2020年に世界の企業が起こした炎上について語ろう(写真:Johnnyfrs/iStock)

2021年が始まった。日本でも世界でも、ずっとコロナ禍のニュース一色だ。日本では1都3県に緊急事態宣言まで出た。2020年を振り返ると、コロナ禍以外のニュースといえば、芸能人の不倫くらい。

よく、コロナ禍の中で、ほかのニュースが目立たないといわれる。たしかにそうだ。さらに、海外のニュースであれば、なおさら目立たない。ただでさえ、海外の企業ニュースは日本人が目にする機会は少ない。

炎上は続くよ、どこまでも

そこで、2020年が終わったタイミングで、日本人がほとんど知らない、海外企業の大炎上ニュースを取り上げてみたい。そして、ほかの炎上騒ぎを見ることで、自社が同じ轍を踏まないように備えることもできるかもしれない。これらは対岸の火事ではない。興味が湧いたら、ウェブで調べてみてほしい。

では私が気になった世界の炎上5つだ。

1.イケアの翻訳指示

ちょっと笑えるものから。イケアは世界展開している家具小売店として有名だ。バーレーンの店舗では、店舗の壁面に大きく「Create your perfect night’s sleep」と書いてあった。「最高の睡眠を創造しましょう」くらいの訳でいいだろうか。

そして、その下にはアラビア語が書かれている。通常であれば、「Create your perfect night’s sleep」のアラビア訳が掲示されるはずだ。しかし、実際には、そのアラビア語はデザイナーへの翻訳指示がそのまま載っていた。そのアラビア語を翻訳すれば、「同じ内容を、アラビア語」でというものだった。

その後、イケアは壁面の誤ったアラビア語を棒線で消した後に、正しいアラビア語訳文を記載した。少し微笑ましいエピソードである。

これは「IKEA Bahrain Create your perfect night’s sleep」とでも検索いただければさまざまなニュースサイトで読むことができる。イケアは意図的ではないだろうが、多くの露出を実現した。意図的ではない、と書いた。しかし、手際のよさに、もともと修正まで含めてマーケティング手法だったのではないか、と思う向きもある。

2.GAPの融和パーカ

GAPは、Twitterで「The one thing we know, is that together, we can move forward.」と書き込んだ。これは、「私たちが確信しているのは、一緒になれば前進できることだ」くらいでいいだろうか。そして、ツイートにはGAPのパーカが載っていた。パーカは、左が青色、右側が赤色だった。もちろん、これはアメリカ大統領選を意識したものだった。青=民主党、そして、トランプ氏はときに鮮やかな赤いネクタイが印象的だったように、赤=共和党を意味する。

次ページアメリカ社会の分断が深刻化している
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT