ナフサの価格決定構造に変化の兆し

化学業界にも「シェール革命」の波が押し寄せる

一方、建築材料などに使われる塩化ビニールは、塩素と、ナフサ由来のエチレンの配合比率がおよそ6対4。ポリエチレンなどに比べると、ナフサの比重は小さい。だが、建築資材としての需要が底堅く、主要メーカーの信越化学工業やカネカは昨年10月に相次いで値上げを発表した。また、塩ビから管材や継手を製造する積水化学工業なども、塩ビ高を理由に製品値上げに踏み切っている。ナフサ高の影響は、確実に川下に及びつつある。

非ナフサ系が台頭

もっとも、ナフサ高が石化製品に影響を与えるという流れは変わる可能性がある。

ナフサは国内ではほぼ全量が原油から製造されるが、米国では天然ガス由来のエタンから製造される。今後はシェール革命で米国産のエタンはさらに競争力を増す。

また、ポリエチレンなど多くの石化製品の基礎原料となるエチレンもナフサから作られるが、中東では原油採掘時の随伴ガスを活用したエチレン、中国では石炭由来のエチレンの生産が進んでいる。

こうした割安な非ナフサ系エチレンの台頭で、日本のエチレン輸出が阻まれると同時に、国内市場も侵食されるのは確実だ。こうした事態を見越して、三菱ケミカルホールディングスや住友化学などが相次いで国内エチレン生産設備の縮小に動いている。

一方で、エタンからは製造されないプロピレンのような中間製品もあり、ナフサにも一定の需要が期待できる。一律に規模縮小するのではなく、日本の強みを生かす形での再編が必要だ。

「週刊東洋経済」2014年6月21日号<6月16日発売>掲載の「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT