日本の男は自分の履く「ゲタの高さ」を知らない 袋小路に入っている日本に突然変異は起こるか

印刷
A
A

上野:幹部候補生の20人に?

出口:はい。社員の男女比は6対4なのに。それで、僕は社長に「なぜ女性がいないんですか?」と聞いたら、「この1年間、女性を抜擢しようと思って目を皿のようにして探しましたが、見つかりませんでした」と言われたので、「その考えが間違いです」と答えました。

これまで幹部に女性がいなければロールモデル自体がないわけですから、ふさわしい人が育っているはずがない。だから、「あみだくじでいいから最低3割くらいは女性幹部を任命してください」と述べました。

最初の1年は社長の目にかなわないかもしれませんが、2年、3年と続ければ立派な人は必ず出てきます。「それがクオータ制の本当の意味です」と話しました。

変人パワーが社会を変える

出口:歴史を見ていると、変わった人が突然ふらっと現れて社会を変えることがあります。遺伝でいえば突然変異のようなことが社会にも起こります。スケールの大きい例でいえば、ゴルバチョフがまさにそうです。

上野:失脚しましたね。

出口:ソビエト連邦の官僚組織の中で生き残って書記長にまでのぼりつめて、ペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)を断行しました。結果としてソビエト連邦という大帝国が解体し、東ヨーロッパが解放されたのです。

自分は失脚するとしても、そういう変わった人が現れてステージを前に進めることがあります。

歴史を見れば世界でそういう例はたくさんあって、国際連盟の創設を呼びかけたアメリカの大統領ウッドロウ・ウィルソンもそうです。結局、自分の国は国際連盟に加盟しませんでしたが、彼が掲げた「14カ条の平和原則」はものすごくインパクトがあるもので、朝鮮の3・1独立運動や中国の5・4運動にも大きな影響を与えています。そういう変わった人が突然現れて社会を動かすことは実際あるのです。

『あなたの会社、その働き方は幸せですか?』(祥伝社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

上野:歴史は必然と偶然の組み合わせですからね。

出口:偶然の要素が圧倒的に大きいと思います。ダーウィンを祖とする「進化論」は、突然変異はランダムに起きると述べています。ロジックを突き詰めれば、日本はもう袋小路に入ってしまっていて衰退するよりほかはないように見えないこともないのですが、突然変異が起きるかもしれない。

上野:私たち団塊世代は、時間が経てば現在よりも将来はよくなるという根拠のない楽観を持っているのですが、団塊ジュニアはその反対で、時間が経てば今より悪くなると思っている人たちです。この世代間ギャップは大きいです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT