服のサイズが合ってない人が知らない試着の肝

「何を着たらいいかわからない」ならどう買う?

初売りで大失敗しないための服の買い方を約2万人へのパーソナルスタイリングを行っている筆者がアドバイスします
初売りでは安さに目が眩み、余計な買い物をしがち。自宅に帰り冷静になって戦利品を着てみると「思っていたのとなんか違う」「店で着たときは似合うと思ったのに」という服も。
『大人の服選びの教科書』の著者で、約2万人へのパーソナルスタイリングを行ってきた霜鳥まき子氏が、短時間で似合う服を見極める方法を解説します。

普段選ばないサイズを試着してみる

似合う服を見つけ出すにはぜひ試着をしてください。というと「そんな普通のことを言われても」「普段からちゃんと試着してる」と言いたくなる方もいることでしょう。

じつは試着をしていてもサイズ選びを間違えていて、実際より大きい服を着ている方が大勢います。しかも間違えているという自覚はなく「私は体が大きいから」と、自らそのサイズを選んでいるのです。

私は仕事柄、採寸しなくてもその方に合う号数がわかるので正しいサイズをお伝えするのですが、みなさん「そんな小さいサイズは入りません」と拒否します。しかし、なんとか試着してもらうと、やっぱりすんなり入るのです。

ここまでしてジャストサイズの服を着てほしいのは、サイズがぴったりだと体のラインがきれいに見えるからにほかなりません。
「着ると案外しっくりきて出番の多い服」はありませんか。そういった服はサイズがぴったり合っている服なのです。反対にサイズが合わないとだらしなく見えて、タンスの肥やしになりがち。

特にTシャツやニット、デニムなどのベーシック服ほど、ジャストサイズを着ると美しさが際立ちます。これらは、どんな服とも合わせやすく出番も多いので、納得いくまでシビアに選んでください。

次ページ自力でピッタリのサイズを選ぶ方法
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT