頬のたるみに悩む人を救うごくごく簡単なコツ 1本の割り箸を使って表情筋を刺激してみよう

印刷
A
A

そもそも、年齢を重ねると、次の3つの理由により顔のたるみが始まります。

① 表皮の保水力の低下
② 真皮層のたるみ
③ 表情筋の衰え

マスク生活では表情筋の衰えのうえに、①の「表皮の保水力の低下」も進行しやすくなり、年齢たるみが加速します。マスク内の湿気により、体内の水分不足を感じにくくなってしまうのです。

「表情筋の運動不足」「水分不足」というダブルパンチで年齢たるみを加速させてしまうマスク。とはいえマスクをしないわけにはいかない毎日で、私が患者様におすすめしているのがこの「顔面整頓」ですが、マスクをしたまま行う顔面整頓とあわせて、自宅で割り箸を使ってやっていただくエクササイズがあります。

「割り箸」で眠った表情筋を起こす

顔面整頓でご紹介しているエクササイズに取り組んでもらうと、きまって「筋肉がうまく持ち上がらない」「動かない」「簡単そうなのにこんなにきついとは」という声がたくさんあがります。表情筋は、ふだん動かしていないとなかなか動きにくいものだからです。こんなときには、顔面整頓の前に、眠った表情筋を「起こす」動きが必要です。

マスクの下で行う顔面整頓の前には、自宅でできる割り箸を使ったプレエクササイズがおすすめです。プレエクササイズだけでも3日も続けると、その変化を感じていただけること請け合いです。

◎「割り箸ライオン」
(出所)『年齢たるみが1分で解消!顔面整頓』(サンマーク出版)

準備:座った状態で姿勢を正し、割り箸を真横にくわえます。

1. 割り箸をくわえたまま、「い―――」と声を出し、その後左右に3回首をゆっくり動かします。

2. 割り箸をくわえたまま、「う―――」と6秒間声を出します。6秒たったら脱力し3回くりかえします。

『年齢たるみが1分で解消! 顔面整頓 』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

(割り箸を犬歯のひとつ奥の歯で加えることがポイントです。ほおの肉を持ち上げやすくするだけでなく、顎関節を調整することにもつながります)

「顔面整頓」に取り組んだ40代中盤の女性は「やり始めてから3日でほおがすっきりした。うれしくて、久々に念入りにお化粧をしました」といううれしい感想をいただきました。

ふと鏡に映る自分、電車の窓に映る自分が、「ちょっといいかも」と思えると、心持ちは一変するような気がします。心持ちは表情に出て、いい表情にまた、気持ちが上がっていく。そんな風に、ふだん見ている自分の顔が変わっていくことで、もしかしたら人生も変えていけるのかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT