「朝はカリブ海で波乗り」米NYの超大胆な働き方 マイアミやカリブ海に逃避する人が急増

印刷
A
A

では実際にワ―ケーションしてデジタルノマドを実践する人々はどんな生活を送っているのでしょう? 今回はIT業界に務めるアメリカ人のエランさんと金融業界に務めるカナダ人のキムさんに話を伺いました。

■Case A エランさん

──現在はどこに滞在していますか?

 自宅の目の前にある海でサーフィンを楽しむエランさん(写真:LEON編集部)

10月からプエルトリコのアグアディヤ在住です。

──出身とプエルトリコに行く前の滞在先は?

カリフォルニアのアーバイン出身です。プエルトリコの前はブルックリンに住んでいました。その後、ユタ州やワイオミング州、モンタナ州をロードトリップしていました。

リモートが続く限り住む

──なぜワーケーションを始めましたか?

プエルトリコは1年中気候もよく、探索するところもたくさんあるので! プエルトリコとニューヨークは時差がそれほどないので、リモートが可能な私の仕事には問題ない場所。朝、サーフィンをする余裕があるほどです。プエルトリコはアメリカの領土なのでビザを取る必要はありません。リモートが続く限り住もうと思っています!

まさにこの景色はカリブ海で過ごすワーケーションの醍醐味です(写真:LEON編集部)

──プエルトリコでの過ごし方は?

目の前が海なので、ローカルなスポットでサーフィンをします。自然も豊かなので休みの日はハイキングをするのも楽しみのひとつです。

──ワーケーションをする利点は?

リモートになったことで仕事以外の時間を最大限に活用できるようになりました。毎朝数時間、仕事の前にサーフィンをするのですが、仕事でストレスがたまっても、翌朝が楽しみなのでリセットできます。また、新たな場所で暮らすことで新しい場所の文化や習慣を知ることができます。そうした習慣を教えてくれる地元の人がいるのがラッキーです。

──ワーケーションで課題となることは?

リモートによって人とのつながり、チームとのつながりなどのコミュニケーションを今まで以上に取るように意識しないといけないと感じています。

次ページカナダ人のキムさんはどう答えた?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT