Jリーガー「白血病」診断前に食べた焼き肉の味

家族巻きこむ申し訳なさと「どうしようもなさ」

Jリーガー・早川史哉選手が白血病と診断される前に食べた、焼肉の味はどんなものだっただろうか(写真:shige hattori/PIXTA)
プロデビューと同時期に急性白血病と診断されたアルビレックス新潟所属のJリーガー・早川史哉選手。早川選手の著書『そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常』では、3年7カ月を経て公式戦に戻ってきた1人の人間の、ありのままがつづられています。
本稿では、前回に引き続き、同書から一部を抜粋しお届けします。

得体の知れない相手

週明けの月曜日、2016年4月25日。

チーム指定のドクターがいる、新潟医療センター(正式名称・新潟県厚生農業協同組合連合会 新潟医療センター)に行った。もともとアルビレックスの選手として、予防接種を受ける予定だったので、ついでに喉を診てもらい、血液検査も受けた。

しかし、血液検査の結果が出てから再び診察室に呼ばれると、突然ドクターからこう告げられた。

「早川さん、今日は予防接種ができない。ちょっと血液検査の結果が芳(かんば)しくなくて。喉を見ても異常に腫れていますし、ちょっと今日は打てる状況じゃないんです」

そのときは「そうですか」と、予防接種が打てなかったにすぎないと捉えていた。

そのあと、迎えに来てくれた母の車で寮まで送ってもらった。

「母さん、俺、予防接種受けられなかったよ」

車の中で僕はこう母に告げた。

「え、そうなの? やっぱり何か問題があるのかな……」

母はかなり心配そうな表情を浮かべた。

「わからない。でもとりあえず、今日は寮で安静にするよ」

不安そうな母を横目に見ながら、僕は寮に帰ってきた。

翌日の朝。準備を整え、「さあ、練習に行くか」と寮を出ようとしたタイミングで、アルビレックスのチームトレーナーから電話がかかってきた。

「史哉、この間の血液検査の数値がやっぱり異常だから、済生会新潟病院(社会福祉法人恩賜財団済生会支部新潟県済生会 済生会新潟病院)に行って検査してきてくれ」

いきなりの電話に、僕は正直、腹が立った。

「なんだよ! せっかく練習の準備をして出るところだったのに!!」

と、自分の部屋に戻ってベッドの上に大の字で横たわった。

次ページ検査のため済生会病院へ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT