Jリーガー「白血病」診断前に食べた焼き肉の味

家族巻きこむ申し訳なさと「どうしようもなさ」

「練習に行かせてくれよ! なんでなんだよ!!」

しばらく天井を見つめていたが、もう病院への手配をしていると言われたら、病院に行かないわけにはいかない。

僕はベッドから起き上がると、タクシーで済生会新潟病院に向かった。その道すがら、僕は母に電話をした。

「今から済生会病院に行ってくる。どうやら白血球の数値が異常に高いらしいから、詳しく調べてもらうよ」

そして、1人で病院に行き、15時過ぎに検査の結果が出た。

「早川さーん」

病院の待合室で僕の名前が呼ばれた。恐怖はなかった。むしろ、この得体の知れない相手の正体を知りたい、その一心だった。それほど僕の精神は限界にきていた。

相手の正体が見え、安堵した

医師の前に置かれたいすにゆっくりと座り、小さく深呼吸をした。

僕の顔を真剣に見つめてくる医師の表情を見て、僕は覚悟を決めた。

「今の段階では、ほかの病気の可能性もありますが……白血病の可能性があります」

白血病の疑い。これは自分でも知っている病気だった。

「はぁ……そうなのか……」

全身の力が抜けていくのがわかった。

それは、決して絶望や計り知れないショックによるものではなく、安堵からくるものだった。

「なんだ……だからこんなにもつらかったんだ。動けなかったのは、俺のせいじゃなかったんだ」

得体の知れない相手の正体が見えてきた。もちろん、少なからずショックはあったが、自分で自分をようやく認めることができた気分だった。

それまでは「俺、プロなのに一体何やってんだ」とか、「本当に情けない」と思っていた。でも、それは僕のせいじゃなかった、病気のせいだったんだって。

人間、誰しも「見えない恐怖」「得体の知れない相手」がいちばん怖いと思う。僕もそこが本当に怖かった。だからこそ、僕は診断されたら、割り切ってその病気と闘おうと思った。

サッカーは一度辞めて、しっかりと治して、そこから先の人生は頑張って復帰する。そして、自分が目指していた先生になるためにやっていこう。

もちろん、プロ選手を引退する可能性も十分にある。それだったらサッカーを教える側に回りたいと思っていた。ただ、まずは今、正体を現した目の前の相手と闘わないといけない。

僕の日常が一気に変化した──。

次ページ母に病名を伝える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT