外国人ゼロで気づく「日本のスキー場」の本質

スキーもスノボもしない贅沢スノーリゾートへ

スキー場生き残りのカギを握る「ノンスキーヤー」誘致の取り組みを続ける、「白馬岩岳マウンテンリゾート」。写真は昨年の様子(筆者提供)

2020年12月は、ここ数年続いた「暖冬小雪」傾向から一転、ラニーニャ現象の影響もあり、日本海側を中心にしっかりとした降雪が続いています。

今シーズンのスキー場のコンディションの良さに対する期待と、例年はインバウンドのスキーヤーで混雑していたのが今年は滑りやすくなる可能性が高い、ということもあって地元の滑り手たちからは、「今年は目一杯滑るぞ」という声もよく聞こえてきます。

とはいえ、新型コロナウイルスの第3波到来と言われる中で、Go Toトラベルキャンペーンの一時停止が急遽決定され、本来稼ぎ時である年末年始の宿泊の予約のキャンセルが多数出始めており、先行きには大きな不安を抱える日々です。

これまでの状況を振り返ると観光業を中心とした地域経済に多大なる影響を与えた新型コロナウイルスも秋に一度は落ち着きを見せ、9〜10月には観光客数にも回復の兆しが出ていました。

筆者が勤務する白馬岩岳マウンテンリゾートのグリーンシーズンの対前年の来場者数も、4〜5月は対前年70%(2万人減)、6〜8月が同65%(2万人減)だったものが、9〜11月には同135%(1.5万人増)となり、シーズン計でも対前年80%の10万人超の来場がありました。

これが12月以降、一旦は冷え込みを覚悟しなければならないでしょう。ただ、今後の地域経済を考えると、こうした苦しい時期にこそ観光事業者として生き残りをかけた取り組みが必要だとも考えています。そこで日本のスノーリゾートをどう磨き直し、今後の需要回復期に備えていくかを考えてみたいと思います。

日本の冬山は「宝の山」

読者の皆さんは、日本の雪が世界的に見ても稀な資源であることをご存じでしょうか。大陸の寒冷で乾いた空気が偏西風に乗り、暖流である対馬海流の上を通って水分をたくさん吸い、北アルプスなどの高い山にぶつかって日本海側に大量の降雪をもたらす日本の地形上の特徴。

学校の授業で当たり前のように聞いていた話ですが、実はこうした大量に降雪がある地域というのは世界的にも珍しく、日本以外には北欧や北米のごく一部だけだと言われており、東アジアや南アジアなど人口稠密地域からのアクセスを考えると「雪の観光利用」という観点では日本が群を抜いて優位な立場にあるのです。

実際、アメリカのWebサイトによると世界の豪雪都市Top3は青森、札幌、富山と日本が独占しています。生活面では邪魔者になりがちな雪ですが、この自然の恵みが1990年代までのスキーブームを牽引し、雪国の経済を支えてきたことは間違いありません。

次ページ菅首相もポテンシャルの高さに期待
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT