アメコミ映画「何作出ても」ヒットが続く理由

著作権を出版社が持ちストーリーを「いじれる」

ところが、著作権を出版社である法人が持っていれば、ゴーイングコンサーン(会社が事業を継続していくという前提)である法人のもとで、キャラクターは自由に動ける状態となる。まさに不老不死になるわけだ。

いってみれば、キャラクターにクオリティライフが与えられ、永遠の命が与えられるのである。2018年、『スパイダーマン』のオリジナルの原作者であり、アメコミ界のレジェンドであるスタン・リー氏が亡くなったが、『スパイダーマン』は、アニメも実写も、まったくその死の影響を受けることなく、変わらぬ活躍と「成長」を続けている。

コンテンツのなかで、人気のキャラクターには次々にストーリーが増産され、シリーズ化される。シリーズが進めば、観客のあいだにも満腹感が出てくる。コンテンツとしての賞味期限がやってくるわけだ。そこで、『バットマン』が『ダークナイト』でリブートしたように、シリーズの世界観を思い切って変更し、コンテンツとしての仕切り直しを図るのだ。

キャラクターの経済的価値は減価しないが、一方で、その運用によって価値を増幅することが可能だ。そのためには、キャラクターとストーリーをどのくらい「いじれるか」という自由度が問題になってくる。

マーベル・ヒーローものの興行収入は4兆円

先述のとおりアメコミにも、マンガと同じように、キャラクター(登場人物など)の出自など人物設定にはストーリーがある。シリーズ化、あるいはスピンオフ化されても、キャラクター自身の属性は変わらず共通している。

しかしアメコミのシリーズでは、同じ作家がずっと描いているわけではない。キャラクターは引き継がれ、活躍し続け、成長もしていくが、作家は随時入れ替わり、ストーリーとイメージ(絵)も頻繁に変わる。

マンガは、個人の作家の創造物であり、権利もすべて作家に帰属するが、アメコミはチームでキャラクターを動かし、権利は会社に帰属する。だから、アメコミには作家名などはめったに出てこない。『スパイダーマン』のスタン・リー氏は作家として有名だが、クレジット(名前を表記)されることはむしろ珍しい。

一方の日本では、『鉄腕アトム』といえば手塚治虫氏、『ドラゴンボール』といえば鳥山明氏である。ほかの作家が描いてクレジットされている『ドラゴンボール』など存在しない。権利者が違うから、クロスオーバーのように、他作品からキャラクターを引っ張ってきて競演させることなど、日本ではありえない。

『2030「文化GDP」世界1位の日本』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

すでに本書のなかでも何度か取り上げているが、マーベルのアメコミ・コンテンツの経済効果は尋常ではない。

実写版ハリウッド映画の興行だけでも、2000年の『X−MEN』以降、2019年の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に至るまでに、マーベル・ヒーローものの製作本数は56本(平均年2.8本)に及び、その全世界興行収入の累計は、なんと366億ドル(約4兆円)である。映画1本ごとに 6.5億ドル(約715億円)の興行売り上げを稼いでいる計算だ。

経済効果は興行収入にとどまらない。キャラクターによっては、その「商品化」は、映画の興行よりもビッグビジネスである。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT