「思考が深い人」なら当然やってる思考の習慣

元コンサル教授×東大生「頭の良さ」対談:後編

コンサルタントとしてビジネスの最前線で戦ってきた大学教授と、偏差値35から奇跡の東大合格を果たした現役東大生に共通する「思考の習慣」とは?(撮影:梅谷秀司)
自分の頭で考えることは意外に難しい。頭の良い人は、頭をどう使っているのか? 本質的な解にたどり着くには具体的にどうすればよいのか?
外資系の事業会社やコンサルティングファームを経て、いまはビジネススクールで教鞭をとり、『武器としての図で考える習慣:「抽象化思考」のレッスン』を上梓した平井孝志氏と、偏差値35から2浪の末に思考法を改革して東大に合格、『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』を上梓した西岡壱誠氏が、本質を見失いがちな日本人の教育や論理思考について対談した。前編に引き続いてお届けする。

勉強もビジネスも計画がすべて

西岡壱誠(以下、西岡):東大受験時代、一気に点数が上がるきっかけになった出来事がありました。ある人に「西岡、『どうしてこうなるのか答えなさい』という問題が出たら、理由は1つだけじゃなく、2つ以上考えて答えないといけないよ」と言われたんです。僕はそれまで、1つ理由を書いて満足していたので驚きました。

『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』は、発売1カ月で10万部のベストセラーとなっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

それからは、1つの問題に対して、理由を2つ、3つと考えるようにしたのです。これは平井先生が『武器としての図で考える習慣』で書かれていることと似ているなと。

平井孝志(以下、平井):余白をにらむことで、強制的に、多面的に考えて、論理構造を少し深くするということですね。その基礎力は、ビジネスでも生きるんですよ。ビジネスの世界は、誰からも問題を与えられませんから、自分で問題設定をしなければなりません。ですから、論理構造を見て、どこが問題なのかを自分で考えなければならないんです。これは、単眼的にはできません。

西岡:複数の目線で物事を考えなければならないわけですね。先生には、思考のブレイクスルーになった出来事はありますか?

平井:あります。小学校5年生のときでした。担任の先生が「明日、試験をしますよ」と言うのですが、私は、その意味がまったくわからなかったんです。毎日学校に来ているんだから、授業も試験も好きなようにやればいいじゃないかと。ところが、ふと、これは「勉強してこい」ということなんだと気が付いたんですね。先生は僕たちに勉強してほしいからそう言っているんだと。

次ページどれだけ早く「あとはやるだけ」の状態にするか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT