「ビートルズとCTスキャン」の意外すぎる関係

マニアがもたらした「現金の山」による無形資産

ビートルズマニアがもたらした「現金の山」による無形資産とは?(写真:Martin Wahlborg/iStock)
GAFAの台頭に代表されるように、工場や店舗といった「有形資産」ではなく、データやアルゴリズム、ブランド、研究開発といった「無形資産」の割合が増加している。しかし、無形資産は計測が難しいこともあり、その特徴や経済規模などを十分に把握できていなかった。
ジョナサン・ハスケルとスティアン・ウェストレイクの著書『無形資産が経済を支配する:資本のない資本主義の正体』では、これまで計測できなかった無形資産の全貌を初めて包括的に分析している。無形投資は有形投資と何が違うのだろうか。本書を一部抜粋・編集のうえ、お届けする。

ビートルズがイギリス政府を通貨危機から救った?

無形資産はいろいろ重要な点で有形資産とは違う。すると無形資産に依存する企業は、多くの有形資産を持つ企業とはふるまいが違うことになる。経営者や労働者は別のインセンティブや報酬に直面する。こうした企業の多くは独特な形で機能する。

『無形資産が経済を支配する』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

無形投資が経済学的に見て変わった特徴を示し、こうした特徴を、「4S」としてまとめよう。スケーラブル、サンク、スピルオーバー、シナジーだ。

EMIとCTスキャンの話から、その「4S」について見ていこう。

1960年代半ば、イギリスの人気歌手グループであるビートルズは文化的な影響力にとどまらず、経済的な存在でもあった。その絶頂期に、彼らのレコードやチケット売り上げは今日の価値に換算して、1秒あたり650ドルを生み出していた。ビートルズの海外ツアーからのドル収入は、イギリス政府を通貨危機から一時的に救ったとすらいわれているほどだ。

次ページビートルズマニアがもたらした現金の山
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT