カズレーザーが「男4人共同生活」を始めたワケ

毎日を楽しく暮らす秘訣は意外なところに

カズレーザーさんによる、4人暮らしを楽しくする秘訣とは?(撮影:今井康一)
お笑いはもちろん、幅広いジャンルの知識を持ち、芸能界でしっかりとした存在感を放つカズレーザーさん。
売れっ子芸能人だけに、豪邸で優雅な暮らしをしているのでは?と思いきや、質素で堅実的な暮らしを送っている。数年前から、同業の男性たちとのルームシェアをしているという彼に、不思議な共同生活について聞いた。

共同生活がスタートしたわけ

現在はトレンディエンジェルのたかしさんと、後輩芸人2人の4人暮らし。もともと、カズレーザーさんが後輩と2人で住んでいたところに、たかしさんとその後輩が加わった。

「たかしさんから『俺も一人暮らしをしようと思うんだけど、家事とかいろいろめんどくさそうなんだよな。後輩芸人と住んだほうが楽だよね』って相談されて。『後輩と住むの、最高ですよ』っておすすめしたら、『じゃあ一緒に住もう!』という流れになったんです。でも、俺の後輩は俺の世話だけでも大変そうだから、もう1人入れましょうという話になりまして。そこから、男4人暮らしがスタートしました」

付き人制度のような空気の中で始まった共同生活の舞台は、どこにでもあるファミリー向けの賃貸マンションだ。

「『後輩に家事やってもらう分、じゃあ僕とたかしさんは金を出しましょう』と。家賃・光熱費などの生活費は、僕たちが多めに支払っています」

先輩芸人として、財布はしっかり出す。後輩は、無理なアルバイトをしなくても生活ができるので、しっかり芸を磨くことができる。そんな理想的な仕組みだが……。

「でも、われわれが甘やかしちゃってるから売れてない気もしますけどね(笑)。みんなで暮らしてると、どうしても、楽しくなっちゃうから」

とはいえ、家の中で先輩・後輩という上下関係があると、お互いに疲れてしまうことはないのだろうか。

次ページ共同生活のルールは1つだけ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT