“遊休”電波を格安で購入、次世代PHSにかけるソフトバンクの本気度は…

印刷
A
A


 もちろん、国から電波を割り当てられている以上、自社の都合だけに合わせて使うわけにはいかない。事業免許を継承するうえでは、ウィルコムが総務省に提出していた事業計画を引き継ぎ、2012年度末までに約2万7000局のXGP用基地局(現況約470局)を造る義務が課せられる。1000億円超に相当する投資負担だ。

もっとも、「総務相が許可すれば、全国カバー率などの最低基準を下回らない範囲で、計画を変更することは制度上可能」(総務省総合通信基盤局)。

つまり、どれだけの基地局を設置するかは新会社に裁量の余地がある。はたしてXGPのインフラ整備に真正面から取り組むのか。

■ソフトバンクの業績予想、会社概要はこちら

(桑原幸作 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年3月27日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT