マクドナルド創業者「成功の代償」に失ったもの

ビジネスに魂燃やす「レイ・クロック」の深い業

マクドナルド創業者「レイ・クロック」とはどんな人物だったのか?
世界100カ国以上に展開する巨大ハンバーガーチェーン・マクドナルド。今から65年前に生まれたマクドナルドは、いかにして世界的大企業にのし上がったのか? 創業者であるレイ・クロックの苦労や逆境にまみれた人生を、作家の早見俊氏による『人生! 逆転図鑑』より一部抜粋・再構成してお届けする。

子どものころ、テレビアニメの「ポパイ」で、登場人物の一人ウィンピーが、よくハンバーガーを食べていました。1960年代後半、私の生まれ故郷にはマクドナルドもハンバーガーショップも、いや、そもそもハンバーガーなる食べ物がありませんでした。ポパイを見るたびに「ハンバーガーって、とても美味しいんだろうなあ」と、生唾を呑んだものです。

月日は流れ、大学受験で上京した1980年、三越百貨店の銀座店1階にマクドナルドがありました。

1971年に開店した銀座の日本マクドナルド1号店(写真:共同通信)

買い方もよくわからないまま注文し、トレイに載せられたハンバーガーを食べようと思ったのですが、どこで食べていいのかわかりません。路上で食べるなど想像もしていなかったので、トレイを持ったまま店内をうろついて恥をかいたものです。田舎者にとって、マクドナルド・ハンバーガーは都会の食文化でした。

そのマクドナルドを世界的なチェーン店に押し上げたのが、レイ・クロックです。

マクドナルドの父「レイ・クロック」

クロックは1902年、米国イリノイ州シカゴ近郊の町オークパークで生まれました。高校中退後、様々な職業を経験し、紙コップのセールスマンとして成功した後に、マルチミキサーの販売会社を経営します。1941年、39歳の時です。

マクドナルド創業者のレイ・クロック。写真は1950年代のもの(写真:Bachrach/Getty)

彼が扱ったマルチミキサーは、同時に5種類のミルクシェイクをつくれる優れもので、会社経営は順調でした。冒険などしなくても、順風な人生を送ることができたのです。

しかし、成功者の業というものでしょうか。留まることなく彼は上を目指してしまうのです。大金や地位を欲する以上に、彼らをつき動かすのはマグマのような情熱です。どんなに成功していても満足しない不満が、埋み火のように体内に沈殿しているのです。 その埋み火が何かをきっかけに燃え上がります。燃え盛った炎は誰も消すことができません。レイ・クロックの場合、埋み火に火をつけたのは1本の電話でした。

次ページクロックを感心させた「マクドナルド兄弟」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT