「調整後法人税」トップ20&ボトム20

「会計上の税金額」首位はトヨタ、最下位はマツダ

マツダには好調持続のお墨付き

ただし繰延税金資産として計上するには、その後は会社が利益を出せることが条件となる。利益を出さない限り課税ができず、法人税を減らすことができないからだ。その判定は監査法人が担う。繰延税金資産を積み増せたということは、過去に赤字などに苦しんだものの、これからは利益を出せるという監査法人のお墨付きに値する。

たとえば、最も調整後法人税額の少ないマツダ。2012年3月期は営業利益段階から赤字となった。翌期は黒字転換したとはいえ、営業利益539億円、純利益343億円と伸び悩んだため、監査法人は繰延税金資産を一部しか認めなかった。

ところが、直近2014年3月期は営業利益で1821億円に達し、次期には2100億円に伸びるという会社予想も提示された。好調な業績持続が見込まれ、439億円の繰延税金資産の積み増しが監査法人から認められたことも、1356億円の過去最高益達成に大きく寄与するところとなった。

法人税減税が純利益にマイナスとなることも

繰延税金資産には注意しなくてはならない側面もある。資産として計上を認められる金額は、将来に企業が支払う法人税の額に依存するので、法人税率が変わると変化してしまうのだ。法人税率が下がれば、その分将来に払う金額が減ることになり、計上できる繰延税金資産も減ってしまう。こうした場合は、いったん認められた繰延税金資産を取り崩す必要が生じ、税率が下がった期の純利益を押し下げる要因になってしまう。

法人税減税はすべての企業の純利益にプラスになるというイメージがあるが、このように思いがけないマイナス面があるということも、注意が必要だ。

企業の純利益は、調整後の法人税額によって大きく増減する。前期は繰延税金資産の積み増しも寄与して、過去最高の純利益を達成した企業もある。しかし、「ゲタを履いた」格好の税効果による調整という過去最高益をもって、業績が好調だと断言できない面もある。本当に業績が好調だと言えるのは、きちんと税負担した上での利益でも、過去最高の純利益を上げ続けることであろう。

■会社財務カルテ
『会社四季報』の信頼感の源泉、上場会社約3500社の財務データです。
『会社財務カルテ』は有価証券報告書をベースとしたデータ商品「財務データ・ダイジェスト版」から生成される刊行物です。
ほかにも日次で更新が可能な「決算短信・有価証券報告書データ」を提供しています。
紙版はこちら       データ版はこちら 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。