タワマン本場「武蔵小杉」東西で異なる街の顔

地元民は「ムサコ」ではなく「コスギ」と呼ぶ

川崎市の洪水ハザードマップを見ると、武蔵小杉一帯では、多摩川が氾濫した場合、0.5メートルから3メートルの浸水が想定されていて、今後また被害が起きないとも限らない。

ただ、このような天災を経験しても、この街でのタワマン需要は今も衰えていないようだ。不動産情報を見ると、現在でも中古のマンション価格はそれほど下落していないのには驚く。

目まぐるしく変貌していく武蔵小杉

武蔵小杉の街を歩いていて、ほかにもちょっとした驚きを感じたことがある。今まで武蔵小杉の地名の略称は「ムサコ」だと思い込んでいたのだが、どうもこの地元では「コスギ」と呼ばれているらしいことだ。

バス停の標識には「小杉駅」とある(筆者撮影)

街をゆく路線バスの行き先表示板には「小杉駅」と書いてあり、最初、武蔵小杉駅のほかに小杉駅があるのかと思ったが、そんなはずはない。よく考えてみると、南武線の沿線には武蔵小杉と並んで武蔵中原、武蔵新城、武蔵溝ノ口の各駅があり、武蔵をつけて駅名を名乗らないのがこの辺りの常識のようなのだ。

ムサコと言うと、東京都品川区と目黒区にまたがる武蔵小山地域(武蔵小山駅は品川区)、東京都小金井市の武蔵小金井もムサコと略称されているらしく、混同されるのではと思っていたが、そんな心配は無用のようだ。

【2020年12月9日14時55分追記】初出時、地名に関して一部不正確な表現がありましたので修正しました。

そしてもう1つ意外だったのは、この街にはタワーマンションに住む富裕層も顧客に取り込めそうな、ベーカリーや、フレンチ、イタリアンのレストランなど個人経営の店があまり多くはないことだった。

東急線線路西側の古くからの商店街にそんな店がもっとできたらにぎわいそうな気もするのだが。武蔵小杉のグルメガイド本を見ても、紹介されている店の多くが新丸子や元住吉駅最寄りの店だったりする。

しかし、この街の変貌のスピードは速い。10年後には、今は東側に押され気味の線路西側の街が、自由が丘や中目黒のような食べ歩きが楽しい街になっているのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT